--
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    2015
    02.26

    「考えたくない」

    小学生の頃、私は思っていました。

    知らんよ。と思っていました。

    だいたいは、クラスの委員長的な立場を自称している正義感丸出しの友達が言っていました。
    空気の読めない奴が言われていました。


    「他人の気持ちを考えろよ」


    それを聞くたびに、私は第三者の立場から思っていました。

    知らんよ。
    お前の気持ちなんて。
    みんな知らないんだよ。

    というかオマエこそ、そいつの気持ちを考えてやれよ。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    02.03

    「変態とド変態の差」

    注意:男は全員が変態だという前提で書いています。
    ハマの三文芝居です。

    私は、昔から疑問に思っていました。

    なぜ干してあるパンツを盗むのか。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    02.02

    ピーターパン症候群

    ツイッターで、こんなツイートを見ました。




    幸か不幸か、まだ私は若者です。
    若さをうらやまれる日もあれば、未熟さを責められる日もあります。

    でも私は若くありたいと思う。

    同級生と飲み会に行くと、みんな口々に言います。

    ひざが痛い。
    腰が痛い。
    疲れが抜けにくくなった。
    脂っぽいものを食べると胃がもたれる。
    昔はラーメンギョウザにチャーハンまで食べられたのに、今じゃラーメンで腹いっぱい。
    シワが増えた。
    ハゲ始めてる。
    下っ腹が出てきた。

    いや待てよ。
    そのペースで老けこんでいったら、30歳で死ぬぞ。
    本当に30歳になって、いずれ50歳になって、さらに70歳になったら、おまえはどーなっちまうんだぜ?


    以前オードリーのオールナイトニッポンで若林さんは、続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    01.13

    「相互リンクの頼み方」

    おかげさまで、たくさんの相互リンクの依頼を頂くようになりました。
    たまには失礼な頼み方にも出会いますが、小学生だった私が、初めて作ったサイトを引っ提げて相互リンクを頼んでいた頃と比べると、最近の小学生は賢すぎるくらいだと思います。

    とはいえ私も「相互リンクの頼み方」とグーグル検索した人間なので、迷える子羊たちに向けて、記事を書いてみました。

    まず私が思う正解は、こんな感じです。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:2  Trackback:0
    2014
    12.29

    得失点から2015年オカルト順位予想(セリーグ)

    前年みごとに順位予想を外しました。
    なので昨年の反省を生かして再び順位予想を行います!

    ≪前回のあらすじ≫
    防御率は戦力とは無関係な数字であり、得失点が戦力を表しているという発想のもと、そこに補強内容に合わせた修正をかけて順位予想をするも、大ハズレ。
    前回の順位予想へのリンク

    さて、昨年の成績は以下でした。
    1位、巨人(貯金21)得失点+44
    2位、阪神(貯金 7 )得失点-15
    3位、広島(貯金 6 )得失点+39
    4位、中日(借金 6 )得失点-20
    5位、横浜(借金 8 )得失点-56
    6位、東京(借金21)得失点-50


    得失点と順位の関係性に疑問を持ちたくなる結果でしたね。
    ただ逆に「得失点=戦力」という理論が正しいと考えるなら、広島と東京の采配面が最悪だったといえるかもしれません。

    そして主な補強が以下です。
    巨人(獲得)相川、金城。(流出)ロペス。
    阪神(獲得)ありません。(流出)ありません。
    広島(獲得)ありません。(流出)ミコライオ、バリントン。
    中日(獲得)ありません。(流出)ありません。
    横浜(獲得)ロペス。岡島。(流出)ブランコ、金城。
    東京(獲得)大引、成瀬。(流出)相川。


    横浜に加入した岡島は、ソフトバンクが残留交渉をしていたそうなので、獲得に入れました。

    また横浜からコーチ就任の打診を受けていた金城は、まだ戦力として貢献できると判断したので、流出&獲得の両方で数えました。
    新井貴に関しては、獲得だけ数えようかと思いましたが、止めておきました。
    予想とは関係ありませんが、好きな選手なので、個人的に活躍してほしいです。

    新入団外国人に関しては、基本的に外れる前提なので、無視します。
    既存の外国人は、他球団が獲得した場合に流出と数えています。

    ここからは「オカルト?」です。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2014
    12.15

    これまでを振り返って。

    このたび、1000件目の記事を無事にアップできました。
    ハマの三文芝居です。

    これも一つの区切りだと思うので、当ブログの歴史を「簡単に」振り返ってみたいと思います。

    当ブログは、2012年の5月5日に始まりました。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:2  Trackback:0
    2014
    10.12

    「得失点差から2014年セリーグ順位予想」

    今まで「誰も俺様の順位予想に興味なんてねーよ」と思ってブログには書きませんでした。でも書けば外れたり当たったりした記録が残って面白いと思ったので、書かせていただきます。

    私が行うのは「得失点差による戦力分析」です。

    ちなみに昨年の成績が以下です。
    1位、巨人(貯金31)得失点+89
    2位、阪神(貯金 6 )得失点+43
    3位、広島(借金 3 )得失点+ 3
    4位、中日(借金13)得失点-73
    5位、横浜(借金15)得失点-56
    6位、東京(借金26)得失点-105


    巨人が独走したシーズンでした。
    得失点からすると横浜の4位もありえたシーズンでしたね。
    同時に、中日は戦力に対して、素晴らしい采配が行われていたという証拠でもあると思います。

    ちなみに、私は防御率は気にしなくていい数字だと思っています。
    ホーム球場が広ければ防御率は良くなりますからね。
    東京ドームや横浜スタジアムをホームにしているチームは、防御率が悪くて当たり前です。問題は投手力に対して得点力があるかどうか。つまり得失点こそがチーム力を計る指数だと私は考えています。

    そして主な補強が以下です。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:2  Trackback:0
    2014
    05.01

    バント戦術に関する考察

    昔の私は、バントが嫌いではありませんでした。
    しかし日々バントが嫌いになってきたので、その理由について考えてみました。

    ■そもそもバントとは何か?
    ひとつのアウトを献上して、ランナーを進める行為。
    同じ仕組みとして、進塁打がありますね。

    ■進塁打とバントの違いは?
    進塁打、つまりライト方向へのバッディングでは、ヒットが生まれる可能性も残されています。しかし一般的なバントでは、ヒットになる可能性は残されていません。
    エラーやディルダースチョイスの可能性もありますが、それはヒッティングでもバントでも同じです。

    バントが成功する確率は、8割くらいでしょうか。
    ライト方向へのバッティングの成功率は不明ですが、ヒットになる可能性を考えると、進塁打狙いのバッティングが、バントに対して大きく劣っているとは思えませんね。
    そもそも野球選手は、バットを振ってボールに当てる技術が上手な人たちなので、バントという特別な行動をさせるよりも、進塁打の方が向いている気がします。

    ちなみに、私は「打席では常にホームランを狙うべきだ」と思っています。

    例えば「理想の一番打者は?」という問いに対して
    「リーグで一番ホームランが打てる打者」と私は答えます。
    理想の二番打者も、三番打者も、四番にも五番にも、私は同じ答えですね。

    たまに解説者が、勝負どころでフォアボールを選んだ打者に対して
    「最高の結果を出しましたね」
    と言います。

    いや違うでしょ。
    最高の結果はホームランでしょ。

    打席では、常に最高の結果を求めて努力するべきです。
    それは守備でも、走塁でも、投球でも同じです。

    フォアボールは最高の結果ではありません。
    粘って内野安打を打つよりも、ホームランの方が効果的です。

    将を射んと欲すれば先ず馬を射よ。
    ということわざがありますね。

    でも将を射んと欲すれば、まず将を射るべきでしょ。
    野球でも同じです。
    点が取りたければ、まず点を取れば良いんです。

    しかし、バカみたいに戦略性も工夫もなく打つべきでしょうか。

    【click!】続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2014
    02.01

    「実況プレイ動画という動物園」

    ニコニコ動画というサイトがあります。
    あそこには色々な動画が上がっていますが、私は実況プレイ動画しか見ていません。
    ゆっくり実況だったり生声実況だったり縛り実況だったりしていますが、大半の実況プレイ動画は見る価値があります。

    たぶん多くの人が私と同じように、他人がゲームを遊んでいるようすを観察した経験がないと思います。
    私は友達の家に行き、友達が軽く私を無視するようにゲームをしていたり、私自身が塾の宿題を終わらせねばならず、友達を家に呼んだ良いが、私は勉強をせざるを得ない状況だったりした時しか他人のプレイを見た事がありません。他にもあった気がしますが、大半はこんな感じです。でも、これって凄く面白いんですよ!!

    先日「ゲームセンターCX in 武道館」が行われましたが、他人のゲームをしている姿を応援したり馬鹿にしたりするのって本当に面白いんです。
    今回は、それについて具体的な例を書きたいと思います。

    現在、隠居しながら実況プレイ動画を上げてらっしゃる「ふひきー」さんの【VALKYRIE PROFILE】中学校の頃憧れたゲームを今やる【実況】というシリーズ内の話です。
    このゲームは戦乙女となった主人公が、優秀な人間が死ぬところに現れて、弱みにつけこんで仲間にしちゃって天界の為に戦う話です。
    ゲームの性質上、暗いストーリーの連続で、悲劇が繰り返されます。

    私が腹を抱えて笑ったシーンは、ベリナスというイケメンが隠れて恋をしていた相手の死に立ち会ったシーンです。
    とても陰惨なシーンで、私は実況プレイ動画を見ながら泣き出しそうになっていました。
    その時、ふひきーは言いました。

    「どうして2段ベッドなのー?」

    いやいやいや!!
    そこじゃないから!!
    好きな人が死んでいるシーンだから!!
    確かに背景に2段ベッドがあるけども!!続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:2  Trackback:0
    2013
    12.18

    「私が書かないように気をつけている9つの文章」

    私は以前「3種類の文章力を鍛える方法」という記事を書きました。
    実は現段階で4回ほどバージョンアップをしている上記の記事ですが、バージョンアップの度に自分の至らなさと日本語の奥の深さを痛感しております。
    一応、あれは構成に重きを置いた記事でした。

    最近「もっと表面的な部分にも気を使った記事を書いておいて、あとで自分で直せるようにしておいたら良いんじゃないか」と思い立ったので書かせていただきます。

    かの梅原大吾さんも著書で
    「正しい努力とは変化し続けること、前進し続けること」
    とおっしゃられています。
    私も変化を尊びつつ、七転び八起きの精神で運営していく所存です。

    ■現在の私が書かないように気をつけている9つの文章■
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    back-to-top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。