2015
    11.22

    るろうに剣心 京都大火編

    私は圧倒的な洋画派です。
    邦画は、あまり見ません。

    しかし、るろうに剣心の実写シリーズは見逃せません!
    日本が、世界に誇れる映画だと思います!

    そして本作を見ると、言いたくなりますよね。

    「……かたじけない」



    ≪あらすじ≫
    兵庫・摂津鉱山
    1878年(明治11年)

    斉藤一は、ある一派を捕らえようとしていた。
    当主は、志々雄真実。

    斉藤と同じく、幕末を生きた侍だった。

    志々雄真実は、今の世に満足しておらず、時計を幕末まで戻すつもりだった。

    志々雄真実は、緋村剣心という最強最悪の人斬り抜刀斎の後を継いだ侍だ。
    そして志々雄真実の暴走を止めるべく、明治政府から、緋村剣心に声がかかった。

    ただ緋村剣心は、もう二度と人を斬らぬと心に決めていた。
    しかし志々雄真実一派に殺された人々と、その家族を知り、緋村剣心は刀を取った。

    ――逆刃刀

    殺さずに、志々雄真実の計画を破綻させる。
    それは自分がしてきたことへの贖罪の意味もあった。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    11.14

    スティーラーズ

    6年前にさらわれた妻が持っていた指輪を見つけて、人を訪ね、人を殺し、妻にたどりついた話がありました。

    妻は裸で、檻の中に入れられていた。
    そして夫が鍵を開けても、出てこようとしない。
    「私はナンバーワンなの……」
    そう言った彼女は、幸せそうでした。

    夫が服を着せようとしても「服は禁じられてるの」と断り「ナンバーワンの私でも電話は使えないのよ」とか「家に入れるのは週2回。30分だけ」などと説明していました。

    夫が、6年前のことを幸せそうに語っても、妻は誘拐犯のルールを語るだけ。
    そして最後には発狂していました。

    やっとナンバーワンになれたのに!
    そう言って騒ぐ彼女の姿は痛ましく、映画を見ていて最悪な気分になりました。



    ≪あらすじ≫
    ヤク中の二人が、幻覚を見ながら強盗を計画していた。
    「1つ分からねえことがある」
    「あぁ」
    「そんなことも知らなかったのか、とか言うなよ」
    「言わねえよ」
    「絶対に俺をバカにするなよ」
    「わかってるって!」
    「……俺たちが例の組織に入ってから1年経つが、1つ分からねえことがある」
    「さっさと言えよ。気味が悪ぃじゃねぇか」
    「黒人を嫌わなきゃならない理由は、まぁ分かる。見た目も歩き方も話し方も違うもんな。けどユダヤ人は? なんで嫌う? ジェリー・スプリンガーもユダヤ人だ。あのジェリー・スプリンガーだぞ。町で見かけたらケツにキスしてサインをせがむぜ。アダム・サンドラーのDVDも持ってるが、彼もユダヤ人だ。ユダヤ人に囲まれても、俺は気づかないと思う。連中が金持ちだからいけねえのか? 金なら俺も欲しい。鼻がデカいのも特徴らしいが、テディはユダヤ人じゃないのに鼻がデカい。奴も嫌うべきか? それにさ、、、イエスもユダヤ人だ。イエスだぞ。毎週日曜に教会で、ユダヤ人王を崇めてるんだ。そうだろ?」

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    09.26

    ゾンビ

    「奴らはなんなの?」
    「地獄を追い出された者たちさ」




    ≪あらすじ≫
    いたるところでパニックが起きていた。
    死んだ人間が生き返って、近くにいる人を襲う。

    生ける死者を再び眠らせるために、警官たちが奔走する。
    警察以外にも、銃を使って生ける死者を狙うものたちもいたが、生ける死者たちを恐れて、逃げ出す者も多かった。

    スティーブンたちは、デパートに籠城した。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    09.20

    火垂るの墓

    アイスクリームを食べながら、冷房の効いた部屋で、火垂るの墓を見る。

    「なにやってんだ俺……」



    ≪あらすじ≫
    お兄ちゃんは、妹の節子を連れて、空襲から逃げていた。
    父親は戦地。母親とははぐれてしまった。

    二人は、おばさんの厄介になりながら、戦争が終わるのを待つ。

    しかし、二人は追い出されてしまう。
    働き手でもなく、一人前のご飯を食べる二人は、厄病神と罵られた。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:2  Trackback:0
    2015
    09.17

    TAXi

    2年間、愛するリリーとのセックスを我慢して、紳士として振舞ってきた。
    そして、待望のとき、、、しかし邪魔が入る!!

    何度も何度も邪魔が入る!!

    まずはダニエルの仕事。
    次はリリーの仕事。
    友達の悩み相談。
    警察の仕事。

    ハラハラ悶々できた映画でした



    ≪あらすじ≫
    ダニエルは、長年勤めてきたピザ屋を辞めた。
    店一番のライダーだったが、これからは四輪ドライバーになる。

    可愛い彼女リリーと一緒だ。

    ダニエルは、タクシードライバーとなり、最高の車に乗って、生活費を稼ぐ。

    時に「25分後の飛行機に乗りたい。乗り遅れれば死ぬしかない」と言う男を、たった14分30秒で空港に送り届け、命を救うこともあった。

    217キロも出して、すっ飛ばしたため、警察車両すら追いつけない。
    ダニエルは、大嫌いな警察をおちょくりながら走行していた。


    ただ警察もタクシーを追いかけている暇がなかった。
    サンタクロース強盗団のせいだ。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    08.25

    アイアンマン3

    手や足のパーツがバラバラになって飛んでくるタイプのスーツが出てきました。

    これが面白い!!

    アイアンマンが瓦礫に挟まったとき、手だけが離れて、トニーの腕を掴んで引っ張り出しました。

    またペッパーが危険にさらされたときも飛んできて、ペッパーを守りました。

    場合によっては相手に装着して、拘束していましたね。

    凄く便利です。

    アイアンマン3 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

    <アイアンマンの記事>
    <アイアンマン2の記事>


    ≪あらすじ≫
    トニー・スタークは、不眠症に悩まされていた。

    金、頭脳、地位、名誉、最高の彼女。
    すべてを持つトニーは、世界中から注目され、実在するスーパーヒーローとして期待されている。

    ただの人間なのに。

    トニーは重圧に耐えられなくなりだしていた。
    最愛の女性<ペッパー>を失うのが怖くて、眠れない。
    夜中に作業し、新たなスーツを何十体も作っていた。
    スーツを着ていないと不安になり、動悸がする。

    スーツ依存症だ。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    08.19

    ボディガード

    王道とは何か?

    それは何度見ても面白い展開であり、先が読めても楽しめる作品をさす言葉だと思います。

    レイチェルの前にフランクが飛び込んだ瞬間に、犯人が発砲するというタイミング!
    そんな都合のいい話があるか!
    と思いながら感動してしまう!!
    心が動かされてしまう!!

    久々に観た作品でしたが、めっちゃ楽しめました。


    ≪あらすじ≫
    フランクは、腕利きのボディガードだった。
    さまざまな要人から、専属ボディガードにならないかと誘われている。
    しかし全て断ってきた。

    そんなフランクを高額で雇いたいという話が来た。
    護衛対象は、レイチェル。

    全米が誇る女性歌手だった。

    しかしレイチェルは「生活を変える気はない」と言い切った。
    殺す、というファンレターが家のベットルームに置かれ、そこでマスターベーションした痕跡があり、愛する息子に危険が及ぶ恐れがあっても、レイチェルは強気だった。

    「危険を自覚しなければ、守れない」
    フランクは当初、依頼を断ろうとしたが、どうしてもと何度も頼まれ、引き受けた。

    しかしレイチェルは、フランクに従う気はないらしい。
    危険な状況に出かけ、フランクの気遣いを無下にする。

    それも全て、サイという男のせいだった。
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    07.15

    ハリーポッターと炎のゴブレット

    この映画は、完全にハーマイオニー・グレンジャーでもってるなぁと思ってしまいました。

    ハリーに抱きついた姿も、
    ネビルが苦しんでいると告げたシーンも、
    ロンからの伝達も、
    ハリーを応援する姿も、
    なにもかもスーパー可愛かったです。

    特に怒ってる顔が可愛いなぁと思います、
    というか私の感覚だと、世の中のほとんどの女性は怒ってる方が可愛いです。

    そして私は嫌われてしまうのです。
    しょんぼり。。。


     ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]



    ≪あらすじ≫
    ハリーポッターは、夢を見ていた。
    闇の帝王ヴォルデモート卿が、何かを画策している。
    そして、ハリーを狙っていた。

    ハリーは、今年もホグワーツ魔法魔術学校へ行っていた。
    ホグワーツは魔法界で最も安全な場所だ。

    しかし今年のホグワーツは、少し違っていた。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    07.04

    スノーホワイト

    白雪姫、と見せかけて、女王さまの話でした。
    と見せかけて白雪姫の話でした。

    正直、女王さまの話の方が良かったかなと思います。


    また何も知らなかった白雪姫ではなく、辛酸を舐めた姫様でした。
    もののけ姫とか、ナウシカ的な強さを感じました。


    スノーホワイト [DVD]

    ≪あらすじ≫
    白雪姫は、雪のように白い肌と、血のように赤い唇と、カラスのように黒い髪を持って生まれた。
    そして国中から愛された。

    しかし白雪姫の母が亡くなった。
    その直後、父は戦場で美しい女<ラヴェンナ>と出会う。
    妻を失った悲しみを癒すほどの美女だった。

    ラヴェンナは、白雪姫に優しく話しかけた。
    「つらいでしょうね。私も幼い頃に母を失ったわ。本当の母親にはなれないけれど、仲良くなれるはずよ」

    ラヴェンナは王妃として迎えられた。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2015
    07.02

    禁じられた遊び

    あーすぷらざというところでタダで見ました。
    ちなみにあーすぷらざはエレベーターが優秀で、全く揺れなかったです。

    あと入場料無料だったからか知らんが、ご高齢の方が多かった。
    マジで病院の待合室かと思いました。

    空席が多数あるのに、右隣におばさま、左隣におじさまが座って来やがったので、かなりイライラ。


     禁じられた遊び(トールケース) [DVD]

    ≪あらすじ≫
    1940年6月
    戦火から逃れるために、幼い娘ポレットは家族と一緒に逃げていた。

    しかしポレットは、その意味を理解していなかった。
    爆撃の音に驚いた愛犬を追いかけて、その身を危険に晒す。

    ポレットを守るようにして、両親は他界。
    愛犬も死んでしまった。

    ポレットが、死んだ犬を抱えたままでいると、そこに小汚い男の子ミシェルが現れた。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    back-to-top