--
    --.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2014
    03.30

    ザ!世界仰天ニュース「発達障害」(ADHD・アスペルガー症候群)

    Category: その他
    現在、40歳になった笹森理絵さん(旧姓・逸見)
    彼女は、小さい頃から他人と違う自分に悩み、苦しんで来たそうです。

    理由は、ADHD(注意欠如・多動性障害)です。
    先天的に脳にある集中力や衝動を制御する前頭葉部分に障害があり、治る見込みがありません。しかし脳が能力的に劣っているわけでなく、逸見理絵さんも成績優秀良妻賢母才色兼備でした。

    ただ逸見理絵さんは、アスペルガー症候群も併せて持っており、かなり大変な思いをされたそうです。

    アスペルガー症候群の代表的な症状として――
    相手の表情および気持ちが読めない。
    場の空気が読めない。
    話の流れが読めない。
    相手の言葉の意図を汲み取れない。
    自分の考えをそのまま口にしてしまう。
    ――が挙げられるようです。

    ぶっちゃけ迷惑者ですね。
    しかも、こういった症状を持つ方は、何かに対して過敏に反応したり、とても不器用だったりするそうです。

    いったい何の関係があって過敏や不器用になるか理解が及びませんね。
    人間の体って不思議です。


     ADHD・アスペ系ママ へんちゃんのポジティブライフ

     著者:笹森理絵


    ≪内容≫
    逸見理絵は、サラリーマンの父と専業主婦の母の間に生まれた一人娘。
    本を読むのが好きで、3歳でひらがなを習得。
    4歳で漢字を書き始めた。

    しかし言葉は苦手だった。
    くるま。を発音できず、くぬなと言ったり、ネズミをネヌミと言ってしまったりしていた。

    また幼稚園でも、遊びの輪に入らず、一人で遊んでばかりいた。
    それに「おしっこ!」と教室からいなくなったと思ったら、外でブランコで遊んでいて、保育士が「今は外で遊ぶ時間じゃないよ」言うと、また「おしっこ!」と走ってトイレに行ってしまう。
    同じように、母親と買い物に行っても、興味のあるモノが目に飛び込むと、そっちへ走って行ってしまうような好奇心に逆らえない子供だった。

    そんな行動力がある一方で、土の感触を怖がって農業体験で泣いてしまったり、不安定な場所でパニックを起こしたりしていた。
    通信簿に「我慢を覚えよう」とか「集団生活に溶け込む努力が足りない」などと書かれるほどだ。

    小学校に入ると、興味ある授業に熱中。
    ただ興味のない授業になると、校庭で行われている体育の授業に気が行ってしまった。それを反抗的な態度の受け取られ、廊下側の席に移動させられてしまう。
    それが大問題だった。
    逸見理絵は、聴覚が過敏で、隣のクラスの授業が目の前で行われているように感じられてしまう。
    ある時は、誤って隣のクラスの先生が言った内容をノートに書き写していた。

    その後、席を先生の目の前に移動させられたが、あまり意味はなく、結局一番後ろの席にされてしまった。
    そして逸見理絵は、好きな教科を勝手に勉強するようになる。
    結果として、できる教科とできない教科が離れてしまった。

    また逸見理絵は、忘れ物が多かった。
    本人も気をつけていたが、何かに興味を奪われると、全てを忘れてしまう。
    先生に「家庭でのしつけが足りないのでは?」と言われる始末だった。

    ある日、学校の机に入れてあった物が、机の上に出されていた事があった。
    これはイジメではなく、先生が行った事で「机の中を清潔に保ちましょう」と言うべく、全ての生徒の机を調べ、汚い生徒にだけ行った制裁だった。
    クラスで数人の生徒が、机の中に入れてあった物が出されていた。
    しかし女子では逸見理絵だけ。
    そして逸見理絵は、何を捨てて、何を持ち帰って良いか判断できず、全てランドセルに詰め込んだ。

    逸見理絵は、部屋も散らかっていた。
    しかし散らかっているとは思ってなかった。
    それでも努力が足りないと怒られ続け、逸見理絵は小学生にして円形脱毛症になってしまう。

    ある日、プレゼントの交換会が行われた時に、逸見理絵の手元に可愛らしい絵本が来た。
    しかし欲しくなかった。
    先生が「もう一度交換したいという人は手を上げてね」と言うと、逸見理絵は手を挙げてしまった。
    先生の言葉は「女の子がロボットをもらったり、男の子が女の子の人形をもらっても嬉しくないだろう」という配慮からだったが、逸見理絵には意味が理解できなかった。
    絵本を作った女の子は、ショックで泣きだしてしまう。
    その涙の意味も、逸見理絵には理解できなかった。

    また逸見理絵は、水が怖くて顔も洗えなかった。
    さらに手先が不器用で、まともにボタンも留められない。
    それに靴の左右も判別できず、紐も結べない為に頻繁に転び、膝や肘は怪我だらけ。

    テストの時も、名前の欄を上手く使えず、枠内に名前を収められない。
    ハサミで物を切るような、左右の手が違う動きが苦手。
    それにコンパスや定規も苦手だった。

    食事の時も、一品ずつしか食べられない。
    味覚が過敏な為、複数の味が口の中で混ざる感覚に耐えられないからだ。
    しかしコンソメスープの素をかじって食べる一面もあった。

    そんな逸見理絵に対して、両親は厳しかった。
    「子供ができないのは親のしつけが悪いから」
    そんな考えがあったからだった。

    家では怒られっぱなし。
    しかし学校でも、苦労が多かった。

    水が怖いので、トイレを流すのも一苦労。
    ホウキが上手く使えないし、雑巾がけもできなかった。
    苗字が逸見であった事もあり「ヘンちゃん」と呼ばれていた。
    これはもちろん、変だからだった。

    中学生になり、片付けや忘れ物を減らす意識が高まったが、できるようにはならなかった。
    そして自分にイライラする。
    しかし興味のある教科は、ますますできるようになっていた。

    高校、大学へと進学した逸見理絵だったが、家から近い大学を選んで入学するほど電車や車のエンジン音が苦手だった。
    考古学者になりたかったが、計算が苦手で、過敏で不器用。
    夢は叶いそうにない。
    さらに聴覚が過敏な為、空間に言葉があふれていると、まともに人の話も聞けなかった。

    でもバイクのエンジン音が好きだった。
    そしてバイクを通じて恋人も作れた。そして結婚。

    苗字が笹森に変わり、幸せな結婚生活が遅れそうだったが、時間割のない生活は苦手だった。
    もちろん部屋は散らかり放題で、夫が毎晩のように片付ける日々。
    「指示出してくれたら、できるんだけど・・・」
    夫は怒りながらも手伝ってくれた。

    そして笹森理絵は、掃除以外の家事を頑張った。
    食材や水の感覚が苦手だったが、料理本に完璧に従いながら、美味しい料理を作り続けた。
    ご飯、汁物、メイン、サイドメニュー。
    さらに栄養が偏らないように、工夫を続けた。

    その努力が夫に伝わり、夫婦仲は円満。
    子供も生まれた。

    しかし長男は、3歳になっても自分の名前すら言えなかった。
    笹森理絵は、自分に似たかと心配になる。
    一方で夫は「俺に似ておっとりしてるな」と楽観視していた。

    やがて長男は話せるようになったが、極めて不器用で、幼稚園でも遊びの輪に入らなかった。
    笹森理絵は、自分に似たと革新した。
    そして自分の母に助けを求める。
    笹森理絵は、4歳の頃には漢字を書いていた。だから、もし長男ができないなら、教え方が足りないからだ。旦那が甘い分、母親が厳しくしなきゃいけない。

    笹森理絵は、強迫観念に襲われながら、長男を厳しく指導した。
    しかし状況は悪化する一方だ。
    夫は、笹森理絵をたしなめた。
    「子供が出来ないのは親のせいなの。私達のせいなのよ!」
    でも旦那の考えは変わらなかった。
    「親が子供を信じなきゃ、子供が救われないよ」
    それが夫の言い分だった。

    笹森理絵は昼間に働きに出た。
    しかし複数の指示を同時に覚えられないし、急に支持されると今やっている仕事を放り投げてしまう。
    臨機応変に。と言われても不可能だった。
    「笹森さんは全て中途半端ね」と言われ、涙を流した。

    笹森理絵は、うつ病になり、病院に通うようになる。

    ある日、笹森理絵は、ある本を見つけた。
    「片付けられない女たち」には、片付けられない性分をバカにする内容ではなく、脳に関する話が書いてあった。
    心当たりのある内容に、思わず笹森理絵は専門医を求めた。

    笹森理絵は、AHDHだと診断された。
    努力不足ではなく、脳のせいだから、自分を責めてはいけません。
    その言葉に救われた。

    そして長男にも検査を受けさせると「高機能自閉症」だった。
    知的障害を伴わない自閉症らしい。

    これにより、笹森理絵の教育は劇的に変化した。

    息子を認める事で、自分も認められる。
    笹森理絵は、そう考えた。

    長男ができる事と、できない事を見極めて育てる。

    さらに自分も、忘れ物を減らせるように壁中にメモを張り、大音量の音楽を聞きながら料理するなど、自分なりの方法で苦手な家事を克服しようとしていた。

    【click!】

    ≪感想≫
    あれ? 俺ってアスペじゃね?
    と何度も思った私が「あー、俺って軽度のアスペだな」と確信した内容でした。

    っていうか心当たりの多い話が多すぎて、見ているのがツラかった。
    先生の「もう一度交換したいという人は~~」とかマジ超わかる!!

    今の私は経験上、言葉の意味を考えるようにしているので、こんな失態は犯しませんが、小学生の私なら100%確実に手を挙げていると思います。
    っていうか中学生でやりました私のアホが……

    「お風呂見てきてくる?」
    「うん。見てきたよ」
    「どうだった?」
    「お湯がいっぱいだった」
    「そっか。お湯止めてきてくれた?」
    「え、止めてないけど?」
    「なんで!」


    コントかよ!
    と思いますが、私も似たような事をしました。
    というかしてないけど思います。

    例えば私は「トイレ借りてもいい?」と聞かれた時に「ダメ」と答える場合があります。
    すると、断られた人は「え? 今なんて言ったの?」みたいな顔をします。
    アホかよ。
    「いい?」って聞いてんだから断られる可能性を考えろよ。
    なんで「いい?」って聞いたのに俺様がトイレの場所を即答すると思ってんだよ。
    って思います。
    でも「嘘だよ。別にいいよ。そこの廊下を……」ってすぐ言います。
    そもそも日本語ってそういうもんですからね。

    だから「お風呂見てきて」からの「見てきたよ」は自然な流れです。
    いや本当は自然じゃありませんけど、表面上は自然です。

    そんな逸見理絵さんは、立派に成長して、結婚し、子供も産み、まっとうに生きています。
    アスペっぽい人とかに勇気を与えてくれますね。
    ぶっちゃけ私は泣きそうになりました。

    そういえば同じような話が映画化されていましたね。
    「アイ・アム・サム(記事)」
    子育てという大仕事の前で自分の無能さに悩み、自分だけが悪い親に思える
    というセリフも登場します。

    まだ私には、子供がいないので理解できませんが、きっと大変なんだろうと思います。
    人間の人生を決める仕事ですからね。
    友達の弟の勉強を見るだけでも重労働なのに、食事作法から姿勢から何から全て教えるって考えると死にそうです。まして父親が協力してくれなかったら・・・本当の地獄ですね。

    そういえば「臨機応変」という言葉が番組内に出てきましたね。
    以前、水曜どうでしょうで、この言葉を聞いて以来、私は「臨機応変」にハマりました。

    私は元々、計画を立てて、その通りに業務をこなすのが好きです。
    例えば、夏休みの宿題も私は計画的に行います。
    夏休みが始まってから1週間位で死ぬ寸前まで遊び、その後に計画を立てて、10日程度で終わらせる。そんな感じの私です。

    だからこそ、私は問題に着手するまでが遅い。
    最初に、自分がこなせる範囲内の計画を立てるまで、断固として動きません。
    っていうか動けません。
    また「この計画失敗だな」と思うと一切の作業を中断して、計画の立て直しに没頭します。

    レースゲームやアーマードコアなどで「実戦よりもセッティングしている時間の方が長い」という現象が発生しますね。
    私は、いつもそうですね。
    でも「臨機応変」という言葉を気に入ってから、劇的に変化しました。

    私は「じゃー、とりあえずやってみよっか。問題が起きたら臨機応変に対応するって事で」という気軽な感じで物事に挑めるようになりました。
    もちろん「臨機応変」には「一度全部を放り投げて計画を立て直す」も選択肢として含まれています。無計画にして無計画にあらず。これこそ「臨機応変」そして「行き当たりばったり」ですね。

    笹森理絵さんも、
    「適当、が最近理解できるようになってきた」
    とおっしゃっていました。

    そして「やっぱり主婦の料理の力って絶大だな」と思いました。
    よく結婚式で「3つの袋」の話をしますよね。

    ビニール袋とか池袋よりも、やっぱり胃袋が大事です。
    もし逸見理絵さんが料理下手なら、結婚生活が上手くいかなかった可能性もあったと思います。
    どんな欠点があっても、料理ができれば。というか旦那が喜ぶ長所があれば良い。という感じかもしれません。

    また、ちょっと関係ありませんが、番組内で小学生の逸見理絵さんを演じた女の子の演技が旨すぎてヤバかったっす。
    「えー・・・」って落ち込む感じで言う表情とか、嫌そうな顔をする動きとか、マジで説得力がありました。
    もうアスペの子供にしか見えません!!
    それで可愛いとくれば、逸見理絵さんへの同情度合いが倍の倍ですよ!!
    あの子役は誰だ!!
    何かのドラマに出演させよう!!
    そして横浜スタジアムで始球式をさせてくれ!!

    すみません。ちょっとどころではない脱線をしましたね。話を戻します。

    最近、ネットなどで頻繁に「アスペ」という言葉を目にします。
    それに伴って、アスペルガー症候群に関する話を耳にする機会も増えました。

    その度に思うんですが、アスペルガー症候群の挙動ってめちゃくちゃ可愛いです。
    「ここでお待ちください」と言われてしまったら、一歩も動けなくなってしまうとか、誰かが指示してもくれれば片づけられるけど、一人だと判断できないとか。胸がキュンキュンしますね。
    父性本能をくすぐられるというか、大切にしてあげたくなります。

    さらに私は非常に鈍くて、直接言葉で指摘してくれないと気づかない大バカ野郎なので、思った事をオブラートに包まず言ってくれるアスペルガー症候群の人が近くにいてくれると人間的に成長できます。
    また<実況プレイ動画という動物園>で書いたように、変わった人が好きだし変わった物が好きだし、変わり者です。
    その趣向は、昔から変わっていません。

    番組内でも「五体不満足」でも、障害は特徴であるという話がされていました。

    息子を認める事で、自分も認められる。
    という言葉が出てきてましたが「障害を認めることで、自分を認められる」という風にも言えるかもしれません。
    いや「障害を許す事で、自分を許せるようになる」と言うべきかもしれません。

    現在、笹森理絵さんは、発達障害を持つ者として。
    そして障害を持つ子供の親として。
    体験談や実演を通じて理解を広める活動をされているそうです。

    応援したいですね。とか軽々しく口にできないくらい素晴らしい活動です。
    <記事タイトル一覧><気に入った文章集><実況プレイ動画という動物園><五体不満足><アイ・アム・サム>
    関連記事
    トラックバックURL
    http://3m4bai.blog.fc2.com/tb.php/754-965db4fa
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する
     
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
      
    横浜DeNAベイスターズのマスコット
    スターマン
    favorite!!あらすじ集
    知恵遅れのサムが、最愛の娘の為に奮闘するが、現代社会や法廷に置いて、サムの行動は有効性がない。それでも人の心は動き、サムは娘と暮らせるようになる。
    <アイアムサム>

    トニーは兵器を売り、金儲けをしていた。
    そのしっぺ返しを食らい、目が覚める。
    そして頭脳と資金力を、正義の為に使うようになる。
    <アイアンマン>

    長年パシリだった弱虫が、そのパシリ生活で鍛え上げた感性と脚力で、アメフトのラインバックとして活躍する。
    <アイシールド21>

    男の妄想を全て注ぎ込んだような女性から告白される。
    しかし主人公である薫には、告白を受け入れられない悲惨な過去があった。
    <藍より青し>

    誰にも必要とされていないドジで何も知らないアンが、独自の想像力と七転び八起きの姿勢を武器に、立派な女性へと成長する。
    <赤毛のアン>

    少年は、旅をして暮らしたいからと全てを捨てて、羊飼いになった。
    そして旅をして、夢を実現しようと努力して、多くの物を手に入れる。
    <アルケミスト>

    イヴマリーの家系は、代々身体が弱く、早死にしていた。
    だからこそイヴマリーは、自分が生きた証を立てる為に、新しい名詠式の開発に挑んでいた。
    そしてイヴマリーは自分の全てを、血の繋がらぬ息子に託した。
    <イヴは夜明けに微笑んで>

    カールは、何に対しても消極的で、無益な男だった。
    そして唯一とも呼べる友人に誘われてセミナーへ行き、イエスマンになる。
    全ての誘いにイエスと答えてしまうカールは、さまざまな問題に巻き込まれてしまう。
    <イエスマン>

    宇宙人に襲われて、宇宙人の武器を奪って、宇宙人を倒す。
    <インディペンデンスデイ>

    船で生まれた少年が、一流のピアニストになる。
    しかし紆余曲折あり、少年は船と共に生涯を終える決意をする。
    それを、親友が阻止しようとする。
    <海の上のピアニスト>

    異世界に呼び出された少女が、肉弾戦で世界を救う。
    <ふたりはプリキュアmaxheart>

    誰にも必要とされていない。自分が行方不明になってもニュースにならない。
    そんな剛士が、異世界に行き、魔王となって魔物と共に生きる。
    そして即席の魔王に忠誠を誓い、戦死する魔物たちがいた。
    <A君(17)の戦争 まもるべきもの>

    夢と現実の区別がつかなくなった男が、世界を終わらせようとする。
    <COWBOY BEBOP 天国の扉>

    モノマネ達人の少年が、大好きな野球で甲子園を目指す。
    <風光る>

    偽善者を引退して、本当の恋をした雪野。
    しかし彼氏は、もっと深い闇を抱え、自分を偽っている人だった。
    <彼氏彼女の事情>

    神の力とも呼べる能力を持つ大男が、生きる事に疲れ、自ら死を望む。
    それを本当の犯罪者だと思っていた刑務官の目線から描かれた映画。
    <グリーンマイル>

    最強の人造ポケモンであるミュウツーが、クローンポケモンを作り、人間へ復讐しようとする。
    しかし、その戦いは無益で、悲しみしか生まなかった。そしてミュウツーは、命の尊さを知った。
    <劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲>

    海賊王を目指すルフィは、夢を追いかける人を笑わない。
    そして努力をバカにしたり無下にしたりする人を野放しにはしておけない。
    <劇場版ワンピース>

    死を恐れたアレンは、父親を殺して悪い魔法使いに仕えてでも永遠の命を欲した。
    そして間違いを重ね、テルーに命が続いていく事を教えてもらう。
    <ゲド戦記>

    仲間にハメられ、相棒を殺されたダニーが、他人を頼り、真犯人を探し出す。
    <交渉人>

    幽霊が見える少年が、地縛霊を開放させ、持ち霊にして、シャーマンファイトに挑む。
    <シャーマンキングpart1>

    苛められていても一生懸命に働いているシンデレラに、魔法使いが協力してくれて、王子様と結婚する。
    <シンデレラ>

    ハルヒは面白い現実を求めていた。
    その為にSOS団を結成し、世の中の面白い事を探そうと奮闘する。
    しかしハルヒこそが、何よりも面白い存在だった。
    <涼宮ハルヒの憂鬱>

    盗賊狩りをしているリナが、非常に価値のある盗品を手に入れてしまい、追われる立場となる。
    そして伝説上の怪物と出会ってしまった。
    <スレイヤーズ>

    不良かつバスケのルールも知らないくせに天才を自称する桜木が、たくさん練習し、試合中に工夫し、徐々に活躍していく。
    <スラムダンク>

    特殊な能力を持つ人間が、スポンサーを背負い、ヒーローとして活躍する。
    <TIGER & BUNNY>

    空から、言葉の通じない少女が落ちてきて、世界崩壊の危機を教えてくれる。
    しかし、その少女の母親こそが、世界崩壊を企てている犯人だった。
    <テイルズオブエターニア1>

    未来から来たロボが、将来すごい発明をする子供を殺そうとする。
    その子供は、未来人と現代人の間に生まれた子供だった。
    <ターミネーター>

    完全犯罪を好きなだけ起こせる兵器を手に入れた天才少年が、自慢の正義感を暴走させ、新世界の神になろうとする。
    <デスノート>

    まだドラゴンが空を飛んでいた時代。女神に選ばれてしまった妹を守る為にカイムは、死にかけのドラゴンと心臓を交換する「契約」を行う。
    <ドラッグオンドラグーン>

    魔王に封印された島を、主人公たちが謎を解いて復活させていく。
    <ドラゴンクエスト7>

    罪の意識から、自分を他人に提供する死に方を求めた男がいた。
    <七つの贈り物>

    知能指数が低く、良い人すぎるガンプは、事情を察知するのが遅れ、いろいろな事件に巻き込まれてしまう。
    <フォレスト・ガンプ>

    カズキは、人助けをしようと思ったら殺されてしまい、逆に助けられてしまう。
    その過程で不思議な力を手に入れたカズキは、自分を助けてくれた少女の為に戦うと決意した。
    そしてカズキの心臓の代わりに動いている核鉄には、とてつもない秘密が隠されていた。
    <武装錬金>

    時空犯罪者を取り締まるはずのハルナが、時空犯罪を起こしてしまい、未来を失ってしまう。
    しかしその本当の原因は、主人公にあった。
    <僕たちのパラドクス>

    主人公は心から相棒を尊敬していた。
    しかし相棒が、その熱い正義感から小さなヤラセを行い、主人公の倫理観が崩壊する。
    <ボーダー>

    心から願えば叶う異世界に召喚された少女たちが、その世界の危機に立ち向かう。
    しかし、その危機こそが「願い」から生まれていた。
    <魔法騎士レイアース>

    物質を再構築する魔法。
    それで世界全体を作り変えようとする女神と、それに立ち向かう不死の魔法使い。
    <マテリアルパズル>

    デイヴには魔法使いの素質があった。
    そして1000年以上も前から続く戦いに終止符を打つ。
    それは魔法と科学の融合だった。
    <魔法使いの弟子>

    死に場所を求めていたミミズクが、美しい魔王に食べられたいと願い、夜の森に入る。
    <ミミズクと夜の王>

    登場人物が全員キチガイで、SEXしまくりで近親相姦までするし、道徳的な観念が全くない。
    そんな高校生たちの青春の日常。
    <ROOM NO.1301おとなりさんはアーティスティック!?>

    殺人を強制される精神状態になった優しい人が恋をする。
    その気持ちに共感し、次の行動が読める刑事がいた。
    しかし刑事は、もう刑事としての仕事を行いたくなかった。
    <レッド・ドラゴン>

    ゴミとも呼ばれるような男が、ボクシングを行い、恋をして、自分がクズでない事を証明する。
    <ロッキー>

    アシタカは、人助けでもらった呪いで、故郷を追われる。
    そして呪いの根源を発見するも、そこでは苦しみながらも一所懸命に暮らしている人たちがいた。
    <もののけ姫>

    かつて大切な仲間を失い、それ以来ずっと仲間割れをさせてから人殺しをしてきた男。
    そこに堅い絆で結ばれた海賊団がやってきた。
    <ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島>

    敵対する両家。その子供同士が恋に落ちる。
    それが世界の崩壊すらも引き起こす大問題に発展してしまう。
    <ロミオxジュリエット>

    盗難事件を潜入捜査しているつもりだったが、犯人を尊敬し、犯人の妹に惚れ、カーレースの魅力にとりつかれ、犯人の逃走を手伝ってしまう。しかし、それは失恋を意味していた。
    <ワイルドスピード>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。