2017
    11.17

    絶歌 神戸連続児童殺傷事件

    Category: オススメの本
    「心象風景」ならぬ「心象生物」という言葉がもしあったなら、不完全で、貧弱で、醜態で、万人から忌み嫌われるナメクジは、間違いなく僕の「心象生物」だった。
    かれらの全身を覆う薄く透きとおった粘膜は、色素が薄く敏感な僕の皮膚を表し、落ち着きなくあちこちにキョロキョロ振れる挙動不審な彼らの触覚は、絶え間なく周囲の大人の顔色を窺う憶病な僕の眼とそっくりだ。

    とのことです。

     著:元少年A

    ≪あらすじ≫
    1997年6月28日
    僕は、僕でなくなった。

    少年A
    これが僕の代名詞となった。僕はもはや血の通ったひとりの人間ではなく、無機質な記号となった。
    僕の時間は、14才で止まったままだ。


    ≪感想≫
    まるで小説のように他人事として書かれているけど、ぜんぜん小説ではないし、まして謝罪でもない。
    どちらかといえば言い訳の類で、それも弁明というよりも、自己の正当化に感じられました。

    それの好きな歌や小説を引用し「まったくその通りである」みたいなことを書かれるとイラっとするは、別に本作に限った話ではなく、俺の狭量さに起因する心の動きですが、そんな些細なことにも配慮して書けよと言いたくなりました。
    事件が事件だけに、俺がナイーブになりすぎているのかもしれません。

    どこで道を間違えたんだろう。
    ボタンのかけ違いが、、、という記述があり、少年時代の無垢な行動なども語られています。

    そしてそんな温かな描写よりも、祖母の死について書かれているページは多く、その描写には生々しさを感じました。
    自分が確かにそこにいるような錯覚をするぐらい、丁寧な描写だったと思います。

    ナメクジの解剖について続きを読む
    スポンサーサイト



    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    back-to-top