2017
    09.23

    勝負論 ウメハラの流儀

    Category: オススメの本
    勝ち続けるとは、どういうことか?
    負けるが勝ちという言葉もあり、強者よりも努力したものが賞賛されやすい風潮の中で、勝ち続ける勝負論とは?



    <おおまかな内容>
    日本人として初めてプロのゲーマーになった男。
    そして「世界一長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」
    それはつまり、梅原大吾がゲームで勝ち続けていることの結果だ。

    スーパーマリオブラザーズに初めて触れ、放課後はゲーム一色。
    友人たちがサッカーや野球に移ろいでいっても、ゲームに夢中だった。
    しかしゲームには、Jリーグやプロ野球のような到達点がない。
    野球選手は、わざわざ野球の面白さをゼロから説明しなくてもいいのに、ゲーマーはゲームの面白さをゼロから説明しなければいけない。
    しかし前回の著書で、ゲーマー以外の方からも好評を得られ、また他種目の方との対談するなどの機会に恵まれ、成長の機会が得られた。


    勝ち続けるということは、成長し続けるということ。


    例えばRPGのキャラクターなら、レベルが上がるごとに能力が高まり、装備品も豪華になっていくように、成長が簡略化されている。
    しかし現実では、本人の努力の量が減れば、容赦なく、お腹はブヨブヨになってしまう。続きを読む
    スポンサーサイト



    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    back-to-top