2016
    05.30

    幼獣マメシバ(ドラマ)

    Category: その他
    人生というものは鼻毛切りバサミのようで、
    鋭いけれども丸みを帯びていて、うまく傷つかないようにできているものだと、思ってた。


    という二郎さんは言いました。

    ・・・「人生」という、命を刻んでいく時間のことを「鼻毛切りバサミ」に例えるって行為そのものが面白いですね。
    とても真似できないと思ってしまいます。



    ≪あらすじ≫
    芝二郎は、35歳のニートだった。
    父が亡くなっても、涙一つ流さない。
    ネットの中のブログランキングを気にして、半径3キロ以内だけで暮らしている。

    家が金持ちだから許されているが、近所からは白い目を向けられていた。

    ある日、母親が家を出る。
    そして代わりに、一匹の柴犬がやってきた。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:1  Trackback:0
    back-to-top