2016
    04.08

    和風総本家 日本の鋸職人「東 賢一郎」 世界で見つけたmade in japan

    Category: その他
    「つまづいたなんてもんじゃない」
    と東さんは語っていました。
    その時の目には、狂気すら宿っていたと思います。

    「使い捨ての替え刃式鋸が出て……もう、この商売はダメだということでね」

    東さんは、とても優しそうな顔をされていました。
    でも、この話をするときだけは、別人のようでした。

    「いろいろな物を切ってみた。ものすごく斬れるんだ。で安いんだ。俺の将来はこれで終わりだなあと思った。恐ろしいことが起きると思った。案の定間違いない」



    ≪あらすじ≫
    イタリア共和国、クレモナ。

    ストラディヴァリウスと呼ばれる世界最高峰のバイオリンたち。
    数千万円から数億円で取引されるバイオリンたちを修理するのに、日本の鋸が使われていた。

    その鋸の刃先は、新聞紙3枚分(0.25ミリ)しかない。

    300年前の木を大切に削り、次の300年につなげていくためには、日本製の薄い鋸が必要だった。

    日本に何度も行き、この鋸を発見したというバイオリン職人も、この鋸がどこで作られているか知らない。

    番組スタッフは帰国し、全国の鋸を取り扱う店を巡った。
    そして新潟県長岡市脇野町にたどり着いた。
    この地は、かつて60もの鋸工房が軒を連ねた土地だった。
    しかし今は、一軒しか残っていない。

    「中長鋸製販」
    ご主人は「東 賢一郎」さん。


    イタリアのバイオリン職人が、東さんの作った鋸を使っていると伝えると、東さんは「ほーん?」不思議そうな顔をした。

    「外国でしょ。日本でなくてね・・・そんなところまでいっとるかねぇ」

    東さんは、スタッフが持ってきた写真を手に、工房の隣にある自宅へ向かった。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    back-to-top