2016
    01.22

    デート~恋とはどんなものかしら~ 第10話

    Category: その他
    四則演算というものがあります。
    4つの数字を、足したり引いたり掛けたり割ったりして、10にする遊びです。数字の順番は問いません。

    例えば2479なら。
    4×(9-7)+2=10
    といった具合です。

    さあ難問の時間です。

    3478

    ちなみに私は解けませんでした。



    ≪あらすじ≫
    ヨリ子の誕生日まで、あと0日。
    ついに今日ヨリ子は30歳になってしまった。

    30歳までに結婚する。
    という目標は達成できなかった。

    そして誰も祝ってくれない。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2016
    01.20

    スターウオーズ クローンの攻撃 エピソード2

    クローンの攻撃
    という副題を聞いたときに「ああ、クローン軍が出てきて、ジェダイたちと戦うのね」と私は思いました。おそらく多くの人が同じように考えたと思います。
    それがまさか、クローン軍がジェダイたちと共に戦うとは、想像もできませんでした。



    ≪あらすじ≫
    アミダラ女王は、今や元老院の議員になっていた。
    そして命を狙われる立場にある。

    共和国が軍隊を持つか否か。

    パルパティーン議長は、友として、アミダラ議員のそばに、オビワン・ケノービというジェダイを配置するように、評議会に進言した。

    アミダラ議員は、久々にオビワンと、その弟子アナキンに再会できて、嬉しそうだった。
    しかしアナキンは、アミダラに対して喜び以上の感情を抱いていた。

    できれば、敵を待つのではなく、
    こちらから仕掛けていきたいとアナキンは考えていた。

    ジェダイ評議会は、アミダラ議員の警護はアナキンに任せ、事の解決をオビワンに任せた。
    それにより、アミダラとアナキンの距離が一気に近くなる。

    しかしアナキンが、アミダラとの夢を見る日はなかった。いつも、母が苦しんでいる夢を見ていた。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2016
    01.18

    ベイビーステップ(18~19)

    筋肉痛がヒドすぎて、エーちゃんが眠れなくなってしまった夜がありました。
    その夜、エーちゃんは悪いことしか頭に浮かばなくて、さらに眠れなくなっていました。
    そしてエーちゃんは決断して、英単語帳を取り出しました。

    眠れないから勉強・・・すごい発想です。



    ≪あらすじ≫
    エーちゃんは神奈川ジュニアサーキットで、ベスト4に残った。
    そして完全にテニスにハマってしまっていた。

    エーちゃんと競い合う人たちは、みんなプロを目指している。
    そしてエーちゃんも、プロになる方法を調べた。

    エーちゃんは、両親に「丸尾栄一郎の人生プラン」という書類を渡した。
    「これからプレゼンを始めたいと思います。お手元の資料をご覧ください」続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2016
    01.15

    スターウオーズ フォースの覚醒 エピソード7

    全エピソード9の超大作!
    その最終章の幕開けとして、完璧な作品だったと思います。



    ハンソロは、今でもチューバッカと共に密輸業者をしていた。
    ある日、かつての家<ミレニアム・ファルコン>を発見する。

    ミレニアム・ファルコンの中には、レイという女が乗っていた。
    レイは、ある人物に関する情報を持っている。

    ルーク・スカイウォーカー
    フォースに均衡をもたらすと言われるジェダイ・ナイト。その最後の一人だ。
    しかし現在は、全人類から姿を隠している。

    帝国軍は、ルークの命を狙っていた。
    ハンソロは、レイを助け、その情報を反乱軍に届けた。さらにハンソロは、反乱軍と共に危険な作戦に参加した。
    ハンソロには、命をかけるだけの理由があった。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2016
    01.11

    デート~恋とはどんなものかしら~ 第9話

    Category: その他
    鷲尾さんは言いました。
    「自分はヨリ子さんが望むなら、悔しいけど身を引きます。本当の愛とは、相手の幸せを願うことだから」

    くそー!
    かっこいいなー!!

    もし俺が同じセリフを吐いても負け犬にしかならないのが悔しいよ!



    ≪あらすじ≫
    谷口は、ヨリ子にフレれた。
    そんな谷口に、幼馴染のカオリがバレンタインチョコを渡した。

    カオリは、ずっとずっとずーっと前から、谷口が好きだった。
    だけど今まで言えなかった。
    谷口のために、ヨリ子さんとの結婚がうまくいくように応援してきた。

    谷口は、カオリの期待に応えるべく、家デートを辞め、
    一緒にもりあがれるカラオケ曲を勉強したり、カオリが好きそうな服を着たりした。

    しかし頑張れば頑張るほど、虚しくなるだけだった。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2016
    01.09

    よゐこらぼ#6

    Category: その他
    グリコさんのマークは、ゴールインマークという正式名称がついているそうです。

    ゴールインしているときのマーク、ということですね。



    ≪番組内容≫
    今回は、江崎グリコさんにお邪魔する。

    だが、その前に東京モーターショーへ行き、前回コラボしたトミカさんのブースへ招待されていた。

    濱口さんが提案した「右足カー」や、
    有野さんが提案した「天丼カー」が、
    実際のトミカになって展示されていた。

    サスペンションもついた見事なトミカになっていた。
    ここでの反応が良ければ、商品化もありうる。

    挨拶をすませた一行は、本丸の江崎グリコへと向かう。
    その道中、ロケバスの中で、経過報告を行う。

    おもしろTシャツ屋さん
    濱口さんが提案した「湯呑みTシャツ」は、前回16位から、10位へランクアップ!
    有野さんが提案した「へのへのもへじTシャツ」は、17位から、7位にランクアップしていた。

    合計売り上げは、5ヶ月で123万5040円に達していた。
    ちょっとヒく売り上げだった。
    おもしろTシャツ屋さんも、次作の開発にノリノリだった。

    「ちょっと距離おこうか」
    と有野さんはたじろいだ。

    そんなこんなで埼玉にある江崎グリコさんに到着。
    ポッキーとプリッツの製造工場でありながら、展示スペースもある。
    本社は大阪だ。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2016
    01.07

    スターウオーズ ファントム・メナス エピソード1

    C3POってアナキン・スカイウォーカーが作ったんかい!!
    びっくりしたわ!!

    つかアナキンのアミダラ女王への声のかけ方がヤバい。イケメンすぎる!!

    「お姉さん、天使なの?」
    「え?」
    「宇宙船のパイロットが話してるのを聞いたんだ。宇宙で一番美しい生き物だって」


    ちなみに私はエピソード4→1の順番で見ています。
    他のエピソードは、まだ見ていません。



    ≪あらすじ≫
    ナブーのアミダラ女王は、憤慨していた。
    通商連合による貿易封鎖とロボット兵による侵略。

    アミダラ女王は、その思いをジェダイ・ナイトに託した。
    選ばれた2名のジェダイは、オビワン・ケノービと、そのマスター<クワイガン・ジン>だ。

    ジェダイたちは、元老院にアミダラ女王を連れていき、政治的な圧力を使って解決しようとする。
    その道中、ジェダイたちは、アナキン・スカイウォーカーという子どもに出会った。
    尋常ならざるフォースを纏う不思議な子どもだ。

    クワイガンはアナキンを連れて、ジェダイ評議会に出た。
    しかしジェダイ評議会は、アナキンを危険視していた。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2016
    01.05

    デート~恋とはどんなものかしら~ 第8話

    Category: その他
    泣きながらエンディング曲を歌う私。

    はたから見たら気持ち悪いと思います。
    でも歌わざるを得ません。

    だってそれは、恋の魔法なんですから。



    ≪あらすじ≫
    「いいえ恋愛は無価値です。結婚は愛情ではなく、理念が合致する相手とするべきなんです」

    ヨリ子は、鷲尾さんからの愛にあふれた告白を断った。
    そして谷口と結婚する。
    お互いに好きではない相手と、理念が一致して結婚に至った。

    そのことを、周囲はイマイチ祝福できていなかった。
    ただ応援はしていた。
    「君は、娘が選んだ相手だ」
    それで充分だった。

    たまたま今日はバレンタインだった。
    ヨリ子も谷口も、バレンタインなど無駄なイベントだと思っていた。
    しかしヨリ子は、チョコを買った。
    ただ渡せなかった。

    ヨリ子は独りでチョコを食べた。
    泣きながらチョコを食べた。

    ヨリ子の姿が見えない事を心配してきた谷口は、たまたまそれを目撃してしまう。
    谷口は、ヨリ子の心理を推察した。
    そして言葉にした。
    「涙が溢れる理由は。たぶんその答えは。きみがしたい事は結婚じゃなくて、恋だからです。ホントは人一倍、恋がしてみたいのに、恋がどんなものか知りたいのに、できないから。心にずっと蓋をしてきたんです。僕と結婚するってことは、もう一生恋をするって事がないって事だから。だから泣いているんです。渡してきなよ、きみとちゃんと恋をしてくれる人に」
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2016
    01.03

    ワンピース ~アドベンチャー オブ ネブランディア~

    あいかわらすワンピースの映画は面白いなあ!!

    悪魔の実という条件付きの設定が、脚本家の魂をくすぐるんでしょうかね。
    何作か見てきましたが、どれも面白かったです。



    ルフィ海賊団は、海賊王を目指していた。
    その道中、ルフィたちは、フォクシー海賊団と再会した。

    両海賊団は、かつてなんちゃらバックファイトで戦い、ルフィたちが勝利を収めている。

    フォクシー海賊団は、海賊旗を奪われ、代わりにルフィ手書きの変な海賊旗を掲げていた。

    あれからずっとフォクシー海賊旗は、リベンジマッチを望んでいた。
    それに応じないルフィではない。

    しかし、その戦いそのものが罠だった。
    フォクシーが新たに仲間にしていた男たちは、実は海軍で、なんちゃらバックファイトを利用して、ルフィ海賊団の壊滅を狙っていた。

    ルフィの最初の仲間<ゾロ>を人質にされ、ルフィ海賊団は、海軍の待つ「霧の島」へと向かう。

    「俺が海賊王になるときは、誰かひとり欠けてもイヤなんだ。。。仲間なんだ!」

    フォクシー海賊団も、奪われた仲間を助けるために、一緒に戦う。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2016
    01.01

    ROOM NO,1301#4 お姉さまはヒステリック!

    いいですか。
    49ページです。
    ものすごくエロい挿絵が入っているのは49ページですよ。

    たまに「小説に、挿絵など不要」と言われる方がいますね。
    でも、この48ページから49ページにかけては、そんなこと言えないと思います。

    ものすごくエロい絵だなと、パッと見たときは思うかもしれません。でも挿絵とは逆側ページを読むことで、戦慄します。
    そして絵の本当の意味を知ることになります。

    ……さらに興奮します。

    これはライトノベルの理想的な構造だと思います。



    健一との長く激しいセックスの末、ホタルは気を失った。
    激しくし過ぎたかもしれない。と健一は反省する。
    「俺って反省してばっかりだよな」
    火がつけば、もう何も見えないかのようだった。ホタルが実の姉であることも、自分には別に彼女がいることも忘れ、求め合った。いや、求め合ったのかもわからない。
    ハッキリしているのは、結局、健一はホタルを求めたことだけだ。
    もしホタルが自分と同じくらい求めていたなら、今ごろ、ホタルは隣で話をしているはずだ。

    健一は、ホタルとの会話の代わりに、今までの言葉を思い出していた。
    今日のこと、そして昨日のこと。少しずつ遡りながら、健一は自分が聞いていた言葉がずっと別の意味だと気づいていく。
    ホタルは、ずっと健一のことを好きだった。

    ホタルは目を覚まして、自分がしたことを改めて認識した。
    「後悔はしていない。問題のあることをしたとは思ってる。でも後悔はしていない」
    それからホタルは、健一をお風呂に誘った。
    「今までのずっとおあずけを食ってたんだから……今日一日くらいお前を独り占めにしたってバチは当たらないだろ?」


    「もしそのまま出したいなら、今日は大丈夫だからな」

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    back-to-top