2014
    04.30

    日常#2

    日常の第二話です。

    日常ってタイトルのアニメですが、日常とは全然違います。
    以前、ラーメンズさんのコントで、こんなセリフがありました。
    「日常の中の非日常でなく、非日常の中の日常を描く」

    今まで、日常に似ているギャグマンガはないと思ってきましたし、今でも同じように思っています。
    しかし何かに似ていると言うなら、ラーメンズさんの世界観に似ているかもしれません。


     日常 ディレクターズカット版 DVD-BOX

     原作:あらゐけいいち


    ≪あらすじ≫
    みおちゃんが目覚めた時、時計は2時4分を指していた。
    「止まってる……」
    しかし、まだ朝だった。
    みおちゃんは、母親への文句を言いながら、急いで階段を駆け下りた。
    7時に起こして、と頼んだはずなのに!
    しかし台所には、母親からの書き置きがあった。

    みおへ
    町内会の人達と
    セパタクローをしに
    行ってきます
    母より


    そんなわけで、みおちゃんは急いで支度をして家を飛び出した。
    今日は日直だ。
    でも最速ラップを叩き出せば、まだ間に合う。
    「目覚ましも目覚ましだよ。なんで今日に限って電池切れちゃってるの。まったく。切れるなら切れるって先に教えてっての。このスカポンタン!!」
    走りながら、そんな事を考えていると、不思議な現象に遭遇した。

    熊の被り物をした女子高生が、全力疾走で追いかけてきている。
    みおちゃんは、理由も理解らず全力で逃げた。

    必死で逃げた。
    可能な限り速く走った。
    しかし熊の被り物をした女子高生の方が速かった。
    みおちゃんは、あっという間に追いつかれ、そして

    ――追い抜かれた。

    先に回り込んだ熊の被り物をした女子高生は、みおちゃんを止めた。そして不思議な事を聞いてきた。
    「あのぅすみません。木魚を落としませんでしたか?」
    手には、細工彫りされた木魚がある。
    みおちゃんが、白くなって止まっていると、熊の被り物をした女子高生は、何かに気づいた。
    「あっ、金の木魚ですか?」
    みおちゃんは思った。

    殺される。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2014
    04.29

    魔女狩りマニュアル

    Category: その他
    ナショナルジオグラフィックで、魔女狩りに関する番組をやっていました。
    かなり興味深かったので、記事にしてみましたよ。


     図説 魔女狩り (ふくろうの本/世界の歴史)




    ≪あらすじ≫
    かつて行われた魔女狩り。
    魔女を告発し、拷問し、処刑する。
    その狂気の所業には、ある手引き書が存在していた。

    ラテン語で、マリエスマリフカラム。
    直訳すると「魔女への鉄槌」
    1486年に執筆された256ページにも及ぶラテン語の文献だ。

    それまでにない総合的な百科事典であり、裁判の手引き書だというだけではなく、魔女が実在する証拠と、死に値すると証明する為に書かれた本だった。
    人々に「魔女術とは何か」を理解させる為の正式な書物として扱われ、16世紀から17世紀にかけて、3万部以上が印刷された。
    そして「魔女への鉄槌」は、疫病のようにヨーロッパ全土に広がる。
    さらにアメリカ大陸にも上陸を果たした。
    この集団パニックが収まるまでに、およそ6万人もの女性が、魔女と断定され、処刑された。

    なぜ「魔女への鉄槌」は、ここまで恐ろしい魔女狩りのバイブルとなってしまったか。

    そもそも「魔女への鉄槌」が刊行する前から、魔女狩りは存在していた。いくつかの専門家が、魔女に関する文献を書いている。しかし「魔女への鉄槌」よりも影響力のある本は生まれなかった。
    1500年代から1600年代初頭の魔女狩りは「魔女への鉄槌」で普及した概念によって行われている。
    何度も版を重ね、多くの人が読み、魔女の存在を信じた。
    「魔女への鉄槌」以前には、魔女狩りに対して懐疑的な人も多かったが、みな「魔女への鉄槌」を信じた。
    その理由に、著者の熱意が挙げられる。

    ハインリッヒ・クラーメル。
    ラテン名は、インスティ・トリス。
    史上最悪の魔女迫害者だ。

    1485年、オーストリアで、魔女裁判が行われた。
    容疑は、呪い。
    呪文と薬を使って、病気や死をもたらした罪だ。

    そこでハインリッヒは、悪魔の影響下で行われた性行為について、質問を繰り返した。そして乱交行為こそ、魔女術の始まりだと主張した。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2014
    04.28

    リトルマーメイド

    「人間は魚を食う野蛮な生き物だぞ!」
    とトリトンが言っていました。

    人魚から見ると、魚は半分同族のような存在でしょう。
    人間で言えば、猿とかゴリラでしょうか。
    もし、この世界にゴリラを食べる生物がいたら、脅威ですね。


    リトル・マーメイド スペシャル・エディション (期間限定) [DVD]

     ディズニー最後の劇場版セルアニメーションです


    ≪あらすじ≫
    深い海の底。
    人魚たちが住む世界を、トリトン王が治めていた。そして末娘のアリエルは、誰よりも素晴らしい声を持っている。
    しかしアリエルは問題児だった。

    好奇心の塊で、好奇心のない友達に
    「ビビッてるの?」
    と挑発的に言う。
    また人間の世界に興味があり、沈んだ船から人間が使っていた道具を集める趣味もあった。
    そのせいで、サメに襲われる事もしばしば。それでもアリエルは、探検をやめなかった。
    海面に行く事も、しょっちゅうだ。

    当然、トリトンは心配する。
    野蛮な人間に見つかったら、何をされるか。
    しかしアリエルは反抗した。
    「私は、もう16よ。子供じゃないわ!」

    アリエルは、トリトンの警告を無視して海面に上がった。そして船に近づき、エリックという王子を目にする。そして、恋をしてしまった。

    そんなアリエルに、注目している海の魔女がいた。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:2  Trackback:0
    2014
    04.27

    ウルタス・ブイ

    Category: その他
    テイルズオブエターニアというゲームの中に出てくる劇です。
    見なくともゲームに支障はきたしませんが、見ておくと、さらにエターニアの魅力的な物語が輝きを増すので、細かく紹介させていただきます。

    ウルタス・ブイは、全八幕でお送りされていました。
    今回は、ぼったくりのチケット価格と共にご紹介です。
    ちなみに価格の優等生である卵の値段は50ガルドでした。
    卵2個で50ガルドって事は、日本円に比べるとインフレを起こしてますね。


     テイルズ オブ エターニア プレミアムボックス

     最後まで見ると「ウルタスのだいほん」がもらえます


    ≪第一幕≫ 10ガルド

    「ねぇ、クララ。知っていて? 今度おこなわれる舞踏会で伯爵の求婚相手がお披露目されるらしいわ」
    「まぁ、どなたかしら?」
    「またまたぁ! しらばっくれてもダメよ。おめでとう・・・は少し気の早いご挨拶かしら?」

    そう言われて、クララは恥ずかしそうに背中を向けた。
    「・・・あら、いけない! 立ち話が過ぎてしまったよう」
    「ほんとう。ずいぶん暗くなったわね。クララ、お気をつけて。それでは、ごきげんよう」
    「ごきげんよう」と挨拶して、クララは一人で帰路についた。

    そこに声がかかる。
    『お嬢さん、お待ちなさい』
    「誰!?」
    『お嬢さん、あなたは今のままでもよろしいのですか? あなたの未来は、本当はもっと違うところにあるのでは?』

    その声に吸い寄せられるように、クララは姿を消した。
    「やられた! これでもう8人目だ?」
    「貴族令嬢ばかり狙いやがって」
    「またアイツか?」

    衛兵たちが、悔しさを口にした。

     昔々の物語。
     とある町は不穏な空気に包まれておりました。
     貴族令嬢たちが、何者かによってさらわれる事件が相次いでいたのです。
     令嬢たちの行方はようとして知れず、犯人が残した唯一の手がかりは・・・
     ウルタス・ブイ!
     という名前。
     煙のような犯人、ウルタス・ブイとは何者なのでしょうか?
     と、ここでお時間尽きた模様。
     本日これにてごきげんよう。

    ≪第二幕≫ 50ガルド

    貴族令嬢連続誘拐事件は、彼ら平民の間でも噂になっているようです。
    「また誘拐犯がウルタス・ブイを名乗ったそうじゃな」
    「きっと何かのワナよ!」
    「ウルタス・ブイといったら、平民にお優しい覆面剣士さまとして有名じゃないか」
    「いやいや、2面性のあるおかたかもしれんぞ」
    「金持ちには、とことん冷酷になれる殺人鬼とか」
    「ウルタス・ブイさまの悪口言ったら承知しないよ!!」

    市場で、平民たちが熱気を持って噂をしている。
    しかし、その輪に加わらない男がいた。
    「まぁまぁ。ルーカス、あんたはどう思う?」続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2014
    04.26

    マスク

    なんだこれ!!
    という映画でした。
    殺されるかもしれない状態で、マラカスを振って、歌って、踊って、みんなで仲良くなってピンチを脱するとか天才的です。

    ジム・キャリーが主演していたので見ましたが、他の主演なら見る価値がなかったと思います。
    いや。
    他の人なら、そもそも演じられなかったかもしれません。
    すごくジム・キャリーな映画でした。


     マスク [DVD]

     監督:チャック・ラッセル<コラテラルの監督>
     主演:ジム・キャリー


    ≪あらすじ≫
    エッジシティの海で、奇妙な箱が発見された。
    中には、箱よりも奇妙な仮面が入っていた。
    その仮面は海から川へとさかのぼり、スタンリーに拾われた。
    人が溺れてると思ったから助けたが、ただの仮面だ。

    そんな優しいスタンリーは、銀行員をしていた。そして同僚に恋をしていたが、あしらわれてしまっていた。
    クラブに行けば、間違えて摘みだされ、車が撥ねた水でビショ濡れ。
    そこに、ひとりの美女が現れる。

    美女のティナは新しい口座を開きたいらしい。
    しかし女は、プロの銀行強盗マフィアに所属していた。
    そして、やっぱり仲良くはなれなかった。

    スタンリーは、現代人は仮面をつけているというメタファーの話を聞いて、拾った仮面を思い出した。そして、つけてみるとパーティタイムが始まった。

    スタンリーは、カートゥーンのように動き、笑い、迷惑をかけた。
    でも楽しかった。
    朝起きると、気分が良かった。
    良い夢だ。
    しかし警察が訪ねてきた。

    犯人は判明していないようだが、なぞのマスクの男を追っているらしい。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2014
    04.25

    フレンズ(シーズン7)

    Category: その他
    たった6分で、アメリカの州を全て書き出すというゲームが登場します。
    ロスが気合いを入れてやってましたが、苦労してました。

    日本には、そんなにたくさん県はない。
    と思いましたが47都道府県ありますね。
    アメリカの州とそんなに変わらない。。。というわけで挑んでみました。

    自分もやりたい!
    という人もいるでしょうし、私が思い出せなかった県名に興味のある方はいらっしゃらないと思うので、結果は記事の最後に地味に書いておきます。


     フレンズ VII ― セブンスシーズン DVDコレクターズセット vol.1

     出演:(役名)役者(声優)
     (レイチェル)ジェニファー・アニストン(安達忍)
     (モニカ)コートニー・コックス・アークエット(深見梨加)
     (フィービー)リサ・クドロー(田中敦子)
     (ロス)デイヴィッド・シュワイマー(牛山茂)
     (チャンドラー)マシュー・ペリー(水島裕)
     (ジョーイ)マット・ルブランク(平田広明)


    ≪あらすじ≫
    チャンドラーからのプロポーズを受けたモニカは舞い上がっていた。
    その様子に、レイチェルは寂しさを覚えてしまった。

    レイチェルは、ロスを一晩だけの関係に誘う。
    そのキスしている姿をモニカが見てしまった。

    モニカは、主役の座を奪われたと感じて拗ねてしまう。
    そんな子供っぽいモニカの態度にレイチェルも激怒した。そして、本当に主役の座を奪うべく、ロスを激しいセックスに誘う。

    でも、それはフェイクだった。
    レイチェルは、自分は結婚の「け」の字もない惨めな女だと思って肩を落としていた。レイチェルは正直に胸中を告白し、モニカに許しを乞う。
    モニカも、ロスの結婚式の夜にチャンドラーと寝たのがキッカケで結婚した。文句は言えない。
    二人は仲直りして、セックスしたかったロスは置き去りになった。

    いよいよ結婚式だが、モニカは結婚式用の貯金が、別荘に変わった事を聞かされる。
    モニカは、人生に絶望した。
    しかしチャンドラーには、豪華な結婚式をするだけの貯金があった。

    モニカは、チャンドラーが何年もかけて積み立てた貯金を全て使った結婚式を企画する。それにチャンドラーが反対した。
    二人は大喧嘩。
    しかしモニカが折れた。
    でもチャンドラーも折れた。
    チャンドラーは、プロポーズの時に、絶対にモニカを幸せにすると誓った。その為なら貯金なんて不要だ。

    チャンドラーは、四人の子供に飼い猫。郊外に家を買って子供たちに自転車を買ってあげたいと思っていた。ガレージの上にはジョーイが死ぬまで住める部屋があればいい。
    でもモニカが派手な結婚式を望むなら、その為に使う。

    モニカは、チャンドラーが語った夢に感動して、結婚式を質素なものにすると決めた。
    そして飼い猫ではなく、飼い犬にするとも決めた。

    しかし、まだ結婚式に関して、決めなければならない事があった。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2014
    04.24

    地下鉄に乗って(メトロに乗って)

    Category: オススメの本
    タイムスリップ系の作品なら私は「僕たちのパラドクス」と「ターミネーター」が頭に浮かびます。
    どちらも、現代に住む主人公に、未来から来たヒーローが出会う展開ですね。
    おそらく、ほとんどのタイムスリップ系の作品が、この図式になると思います。
    しかし本作は違いました。
    現代の主人公が、過去に行き、自分のルーツに触れる。
    非常に感慨深い作品でした。


     地下鉄に乗って (講談社文庫)

     著者:浅田次郎


    ≪あらすじ≫
    町に地下鉄がやって来た日のことを、真次は克明に覚えている。
    真次は、たまたま再会した友人に呼ばれ、同窓会に参加した。しかし楽しい会にはならなかった。
    偶然にも、その日は真次の兄の命日だった。

    兄は地下鉄へ飛び込んで、自殺した。
    全ては、高慢な父が原因だ。

    真次は、同窓会の二次会には行かず、家に帰ろうとした。
    しかし事故で地下鉄が動かないらしい。
    兄の命日に、嫌な偶然だ。

    真次は、回り道をして帰ろうとするが、道を見失う。
    気がつくと、かつての東京五輪が行われようとしている年の新中野に立っていた。
    真次は、自殺する直前の兄に会い、話をする。
    そして兄は、家に帰る理由がないから自殺したと知った。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2014
    04.23

    アスリートの魂「最強の補欠になるブルージェイズ川崎宗則」

    Category: その他   Tags:再読タグ
    「野球選手だから」
    という川崎宗則選手の言葉で、私は泣きそうになりました。

    ツラい事があっても、プレッシャーに負けても、球場に行って野球をするしかない。
    野球選手になりたいと願って練習してきて、本当に野球選手になった今は夢の中だから、頑張るしかないと語る川崎宗則選手の表情は、お世辞にも楽しそうではありませんでした。

    でも、夢を追うって生き方は、こういう姿勢を指すかもしれません。


     逆境を笑え 野球小僧の壁に立ち向かう方法

     今年もトロント・ブルージェイズだそうです。


    ≪あらすじ≫
    川崎宗則は、日本から遠く離れたアメリカの地で、大リーグへの挑戦3年目を迎えていた。
    今年で32才になる。
    もう後はない。

    かつて川崎宗則は、日本を代表する遊撃手で、二度の日本一にも貢献していた。それが大リーグに挑戦すると一変。打撃でも守備でも、一流の成績は残せなかった。
    そんな状態でも、マイナーではなくメジャーに残る為に、川崎宗則はブルージェイズのキャンプに参加していた。

    川崎宗則は、本来キャンプが始まる日付よりも早く現地入りしていた。
    このキャンプで、良い成績を残せなければ、メジャーには残れない。
    でもキャッチボールの相手もなく、孤独な練習だった。
    それでも川崎宗則は笑顔で話した。
    とにかく川崎宗則は、やるしかなかった。

    開幕でベンチ入りできる選手は、たったの25人。
    川崎宗則の実力では、レギュラーを獲得するのは難しい。
    だからこそ川崎宗則は、本来の守備位置ではない場所も守った。
    それも内野外野を問わずに守る。

    川崎宗則は「最強の補欠」を目指していた。
    日本では28人が一軍に登録されるが、大リーグでは25人しかいない。
    そこから投手と捕手を抜くと、野手は10人足らずしか入れない。
    うち7人はスタメン出場する。
    つまり残りの三人で、代打や守備固め、代走などをこなさなければならない。
    そこに、川崎宗則の生きる道があった。

    全ての野手の守備位置を守れ、代走も代打もできれば、レギュラーになれずともベンチに入れる。
    しかし、その為の課題は多かった。

    外野を守った経験が少ない為、川崎宗則は難しいフライを捕球できない。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2014
    04.22

    キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

    私は、ウジウジした軟弱な主人公が、成長し、ヒーローになる作品を面白いとは思いません。むしろ強き者が持つ悲しみとか孤独のような要素を描いた作品に惹かれてきました。
    言い換えれば、共感できる主人公よりも、憧れられる主人公が好きって事です。

    しかし強ければ良いという簡単な話ではありません。
    作中に、こんなセリフが出てきます。
    「強者は生まれつき力が強く、力に敬意を払わない。だが弱者は、力の価値を知っている。そして憐れみも」
    キャプテン・アメリカは、私が心から尊敬できるヒーローかもしれません。
    祖国の為に。
    親友の為に。
    正義の為に。
    盾を武器にして戦う。
    本当に強き者は、誰よりも優しい人だと語られた名作でした。


     キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー [DVD]

     脚本家コンビ:クリストファー・マルクス
     スティーヴン・マクフィーリー


    ≪あらすじ≫
    1942年のノルウェー。
    一人の老人が、ある棺を隠していた。
    かのオーディンが持っていたコズミック・キューブがあるらしい。それがヨハン・シュミットの手に渡った。

    その頃、若者たちが裸で、入隊試験を受けていた。
    そこで不合格になった若者がいた。
    名前はロジャース。

    ロジャースは、誰よりも正義感が強かったが、体が弱かった。背が低いし、病気もある。しかし友人たちが命がけで戦っている時に、工場で座っているなんて耐えられない。
    ロジャースは、何度でも入隊試験を受けるつもりだ。
    受かるまで続ける。

    そこに風変わりな博士が現れた。
    「ナチスを殺したいか?」
    しかしロジャースの答えはノーだった。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2014
    04.21

    壺算(春風亭昇太)

    Category: その他
    笑点で活躍されている春風亭昇太さんが「壺算」をされていました。
    壺算は、私が最も好きな落語なので、記事にさせていただきます。


     思うつぼ 2合 15646




    ≪あらすじ≫
    カミさんに壺を買って来いと言われた旦那がいた。
    しかし人が良ければ買い物は上手くいかない。

    旦那は、人が悪いと噂されているアニキに声をかける。
    アニキは話に乗り、天秤棒と縄を用意させた。
    旦那の家では、今までイッカの壺を使っていたらしいが、今日はニカの壺を買うらしい。
    アニキは、客が少なそうな店を選び、店主と気さくに話をする。

    アニキは、イッカの壺を指さし、値段を聞くと3円50銭らしい。
    そこでアニキは「俺たちが常連なら、いくらで売るんだ」と聞く。
    しかし値段は変わらなかった。

    アニキは「50銭まけて、3円にしてくれ」と言う。
    代わりに、この店が良いと周囲に言うし、自分で天秤棒と縄で持って帰るから3円にしてくれと頼んだ。
    店主は仕方なく、3円でイッカの壺を売った。

    でも店を出てから、旦那がアニキに間違いを指摘した。
    旦那が求めていた壺は、ニカの壺だ。
    イッカの壺じゃない。

    アニキは、店主に壺の値段を確認する。
    ニカの壺は、イッカの壺の倍の容量、倍の値段らしい。
    アニキは「なら6円だな」と断言した。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    back-to-top