2013
    06.30

    キャスト・アウェイ

    私はもっとロビンソンクルーソーのような話かと思っていましたが、尋常じゃないくらい悲しい話でした。
    涙を流すというよりも、胸が締め付けられ、呼吸困難に陥るような内容です。


     キャスト・アウェイ [DVD]

     監督:ロバート・ゼメキス
     主演:トム・ハンクス

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    06.29

    陰日向に咲く

    本書の凄いところは、遅読の私がアッという間に読めてしまった読みやすさでしょう。

    芸能人が書いた本が本が読みやすいってことは素晴らしいことだと思います。これを機に、読書する人が増えるかもしれませんからね。

    そういう意味でも完成度の高い本でした。


     陰日向に咲く (幻冬舎文庫)

     著者:劇団ひとり

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    06.28

    「格闘ゲームはスポーツか?」

    「格闘ゲームを練習するとは?(TheBottom of ToyBox)」という記事を読みました。
    低迷が続いていた格闘ゲーム界ですが、最近はネット対戦が普及し、再び盛り上がりを見せているようです。

    リンク先の関連記事を要約すると以下。
    「初心者の練習環境がない。古参との実力や意識の差があり、メーカーの配慮も追いつかない。特にマナーの悪いプレイヤーが目立ってしまう」
    また、後日のコメ返しなどでさらなる展開を見せています。読みごたえのある文章なので、ぜひ読んでみてください。
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:2  Trackback:0
    2013
    06.28

    TIGER & BUNNY

    前々から、私はテレビCMの在り方について不満を持っていました。
    番組の合間に、番組とは無関係の映像を挟むよりも、番組内で出演者がスポンサーの商品を使った方が効果的なはずです。

    出演者の服が全部ユニクロだとか、ドラマに出てくる車が全てプリウスだとか、出演者の飲み物が全部ポカリスエットだとか、鉄拳の額に任天堂って書いてあるとか、そういう方が、視聴者にチャンネルを変えるチャンスを与えずに済みます。
    今作のようなスポンサー名を背負ったヒーローが、CM映像なしテレビの先駆けになるよう祈ります。


     TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 1 [DVD]

     原作:サンライズ
     監督:さとうけいいち

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    06.27

    インデペンデンス・デイ

    私が初めて見たエイリアンに関する映画です。
    今でも「エイリアン」と聞いて最初に思い描く姿は、本作のエイリアンですね。

    またアメリカ崇拝と、空軍への尊敬と信頼の基礎にもなってます。
    良くも悪くも、私に強く影響を与えた映画でした。


     インデペンデンス・デイ [DVD]

     監督:ローランド・エメリッヒ
     出演:ジェフ・ゴールドブラム、ウィル・スミス
     ビル・プルマン 他

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    06.26

    キノの旅I The beautiful world 人の痛みが分かる国

    ハードボイルド・ライトノベルです。

    さらっと読めちゃうけど、テーマは重い。
    そんな子供向けの哲学書でした。


     キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))

     著者:時雨沢恵一
     イラスト:黒星紅白

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    06.25

    HUNTER x HUNTER part4 ヨークシンシティ編

    とにかくクラピカが可愛くてカッコイイ話でした。
    前半は、キレ者らしくカッコイイ演出が続きますが、後半は青臭さ丸出しです。

    また本パートから、念能力がストーリーに本格的に組み込まれ、物語の複雑化が進んでいました。


     HUNTER×HUNTER 9 (ジャンプ・コミックス)

     著者:冨樫義博

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2013
    06.24

    鉄拳

    以前見た「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー(記事)」より遥かに優れた映画でした。近未来だという説明も、話の展開にあわせて表現されていましたね。

    日本語はカタコトでしたけど、比較的流暢でした。
    そして戦闘シーンの完成度には度肝を抜かれましたね。
    カポエラは見せ物としては世界最強武術です。

    原作のストーリーを知らなかったんで軽くウィキを読みましたが、ちゃんと踏襲しつつ映画化していたようです。完全なアクション映画でしたから、たぶん原作ファンも楽しめると思います。


     TEKKEN -鉄拳- [DVD]

     主演:ジョン・フー
     原作:鉄拳(ゲーム)

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    06.23

    「誰かのために命を張る人」

    先日「加藤浩次の本気対談!コージ魂」に高部正樹さんが出ていました。
    彼はアフガニスタンやミャンマーで戦った経験を持つ傭兵だったそうです。
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:2  Trackback:0
    2013
    06.23

    ベロニカは死ぬことにした

    以前「もののけ姫(記事)」のアシタカとサンは、現代の子供たちの象徴だという趣旨の話を耳にしました。

    子供たちは、呪われたアシタカのように暗い未来を約束されているし、素直に行動する姿をサンのように醜く憐れだと思われている。
    希望を捨てろと賢い大人たちに教えられ、子供たちは夢も理想もなく成長していく。

    本書のベロニカも、そんな子供の1人でした。
    ベロニカは将来に希望を持てず、堪え難い人生を満喫して、その生涯に幕を降ろそうとしています。

    「狂うってどういうことなの?」
    「人と違うってことさ」



     ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)

     著者:パウロ・コエーリョ
     訳者:江口研一
     イラスト:平尾香

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    back-to-top