2013
    05.31

    ロープ

    「サスペンスとは宙ぶらりんになったままの謎だ」
    と昔、誰かが言っていました。
    サスペンダーにぶら下がったような謎がサスペンスです。

    サスペンダー・サスペンス。

    言い得てダジャレですが、本作もそんなサスペンスでした。


     ロープ [DVD]

     監督:アルフレッド・ヒッチコック
     原作:パトリック・ハミルトン

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    05.30

    チェス

    Category: その他   Tags:ゲーム関連
    私は将棋が苦手で、囲碁が好きです。
    両方好きな人もいるでしょうが、なぜか私には将棋があいません。

    しかしチェスは好きです。
    いくつか理由はありますが、乱暴に言えば「将棋では勝てないけどチェスなら勝てる」から、私はチェスが好きだと思います。


    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2013
    05.29

    A君(17)の戦争 7 はたすべきちかい

    今回は、ランバルト及び人族連合軍による魔王領侵攻戦です。
    さまざまな形で戦争を描いているシリーズでありますが今回は『疎開』を描いていました。

    村の葬式。
    と表現された疎開の描写には、涙を流すだけでなく、それ以上の絶望を感じました。


     新装版A君(17)の戦争7 はたすべきちかい (富士見ファンタジア文庫)

     著者:豪屋大介
     イラスト:玲衣

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    05.28

    ふしぎの国のアリス

    とにかくアリスが可愛い!!
    幼いレディを狙う犯罪者を生み出しかねない可愛さでした。

    私も小さくなったアリスを飼いたいという衝動にかられましたが、水槽に入れられた不自由なアリスには微塵の魅力もありませんな。
    可愛い少女は自由に遊び、傷つき、成長してこそ価値があります。こういう当たり前のことが理解できない人が、犯罪に走ってしまうのかもしれません。

    そもそも一番可愛いアリスは、ぷりぷり怒ったアリスです。
    怒った姿が可愛いからといって怒らせ続けたら、嫌われてしまいますよ。

    退屈した顔もステキですが、好奇心たっぷりのアリスを退屈させても意味はありません。そもそも可愛いアリスが見たければ本作を見れば済みます。
    そういう点では、未成年が被害に会う犯罪を抑止する効果のあるアニメーションですね。


     ふしぎの国のアリス [DVD]

     制作:ディズニー
     原作:ルイス・キャロル


    「私の世界ではね、馬鹿げたことが当たり前なのよ。これはこうって決まりは最初から何一つないのよ。すべてトンチンカンで、みょうちくりんで、あべこべなの。だけど誰も驚きゃしないわ」続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    05.27

    シェイド

    イカサマしてこそ、というプロの世界を描いた作品です。

    表向きポーカーをしていますが、実際は心理戦がメインの勝負でした。
    スマートな戦いを装っていましたが、実際は詐欺師どもの殴りあいですね。
    精神的血飛沫あがる場面ばかりでした。

    また「コラテラル(記事)」の人が出てたり「エンドオブデイズ(記事)」の男が出てたり、意外に豪華な出演陣でした。


     シェイド [DVD]

     出演;シルベスター・スタローン、ジェイミー・フォックス
     ガブリエル・バーン、タンディ・ニュートン


    いつか選ぶときがくる。技か? 金か?続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    05.26

    ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇

    Category: その他   Tags:ゲーム関連
    なーんの意味もないゲームです。
    勉強になる要素もなく、目標もなく、義務もありません。

    でも泣いてしまいます。

    以前、さまぁ~ずの三村マサカズさんがラジオで本作について
    「人って何もしないってできないんだね」と言っていました。

    小学生に戻り、朝から晩御飯まで全力疾走してしまうゲームです。


     ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇 PlayStation 2 the Best

     開発:ミレニアムキッチン<公式サイト>
     主題歌:少年時代

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    05.25

    失はれた物語

    Category: オススメの本
    私が世界一怖い小説に認定した物語です。
    こんな恐ろしい設定を思い付き、物語にしてしまうなんて、乙一さんは酷い人です。

    もちろん作家たるもの、他人が思いつかない世界を構築してこそ価値のあるものですから、乙一さんは間違いなく一流の小説家さんでしょうね。
    ・・・それにしても、酷い設定です。


     失はれる物語 (角川文庫)

     著者:乙一

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    05.24

    眠れる森の美女

    生前のウォルト・ディズニーが関わった童話を原作とする最後の作品だそうです。

    なにもかもが運命という言葉で片付けられる素晴らしい映画でした。


     眠れる森の美女 プラチナ・エディション (期間限定) [DVD]

     制作:ディズニー
     原作:シャルル・ペロー

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    05.23

    ハルク

    主人公不在の映画でした。
    巨人化すると心理描写が減り、軍やヒロインを中心に物語が展開していきます。

    個人的な印象として「スパイダーマン(記事)」「アイアンマン(記事)」「バッドマン ビギンズ(記事)」に比べて、ずいぶん粗悪な作りでした。
    以前「アベンジャーズ」はアメリカンコミックのダメヒーローたちの集まりだ。と言われていましたが、なんとなくそういう事なのかぁと思ってしまいました。

    が、調べてみると「インクレディブル・ハルク」というアベンジャーズ用のリメイクがあるそうですね。
    私が好きなティム・ロスやエドワード・ノートンも出演されています。

    えーっと多分、そちらを見た方がよろしいかと・・・


     ハルク [DVD]

     出演:エリック・バナ、ジェニファー・コネリー
     サム・エリオット、ニック・ノルティ 他

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2013
    05.22

    ウィス

    Category: その他   Tags:ゲーム関連
    「テイルズオブエターニア(記事)」の中に登場するカードゲームです。
    正直、エターニア自体よりも人気がありますね。

    これを手に入れるまでストーリーを進めたら、もうエターニアはいいや。
    となりかねない驚異の中毒性を有しています。


     テイルズオブエターニア デスクトップアクセサリーズ

     エレクトロニック・アーツ

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    back-to-top