2012
    06.30

    砂の女

    Category: オススメの本
    新種のハエを探しに砂丘を訪れた男。一晩泊めてもらえる場所を探していると、一軒の民家に案内される。
    女がひとりで暮らすその家は、砂の壁に囲まれていた。

    砂の女 (新潮文庫)砂の女 (新潮文庫)
    (2003/03)
    安部 公房

    商品詳細を見る
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:2  Trackback:0
    2012
    06.30

    「投手としての魂の寿命」

    投手は野手より出でて野手より投手し。
    ハマの三文芝居です。
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    06.29

    ANGELIC LAYER

    日々進化している電子技術。その中でも最も進んでいるのは、おもちゃの世界である。
    そのおもちゃのひとつ。夢の入った卵「ANGEL EGG」その卵をそれぞれの知恵と愛と勇気で「天使」に育てていく。

    Angelic layer (5) (角川コミックス・エース)Angelic layer (5) (角川コミックス・エース)
    (2001/09)
    CLAMP

    商品詳細を見る
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2012
    06.29

    「彼氏彼女の事情 浅葉秀明を考える」

    岡目八目なんてない。
    ハマの三文芝居です。
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    06.28

    COWBOY BEBOP 天国の扉

    人が自由に宇宙船を買い、星を行き来して暮らす時代。犯罪者には賞金がかけられ、賞金首を捕まえることで、生計を立てている者たちもいた。
    彼らは賞金稼ぎではなく、カウボーイと呼ばれた。

    COWBOY BEBOP 天国の扉 [DVD]COWBOY BEBOP 天国の扉 [DVD]
    (2002/01/25)
    山寺宏一、林原めぐみ 他

    商品詳細を見る
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:2  Trackback:0
    2012
    06.27

    好感度がグングン上がるスゴい話し方

    Category: オススメの本
    「アドバイスを受ける時にケータイやスマフォにメモするのではなく、ノートにメモしろ。そのほうが気持ちよく教えてもらえるぞ」
    と言っている人のことを思い出しました。

    会話でも、気持ち良く話してもらうことが大事でしょう。


     好感度がグングン上がるスゴい話し方―一瞬で相手に好印象を与える会話のテクニック (日文新書)

     著者:日本心理パワー研究所

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    06.26

    エマ

    19世紀末、ロンドン。産業革命による変化と革新の時代。そして古い生活習慣と階級社会もまだまだ根強く、以前として道には馬車が行きかっていた時代。
    この作品は、その時代の階級差のある恋を描いたものである。


    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    06.25

    「物語の終わりの先」

    終わり良ければ全て、野となれ山となれ。
    ハマの三文芝居です。
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    06.24

    モリー先生との火曜日

    学生相談の日が火曜日だった。
    よく個人指導してもらった。
    個人指導と言っても、雑談ばかりだったけど。家族のように話した。
    ふたりは火曜人だった。


    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    06.23

    世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

    「親切さというのは、心ではない。ただの習慣だ」


     世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

     著者:村上春樹

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:2  Trackback:1
    back-to-top