2012
    05.31

    サーキュレーター 

    Category: その他
    冷え症で、冷房が苦手な方はいませんか?
    夜寝る時に冷房つけっぱなしだと翌日、ダルくて働けないってことありませんか?
    冷房をつける時、電気代が頭を過ぎりませんか?



    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    05.30

    てんで性悪キューピット 

    信じられるものというのは、この世に多くあるものではないと思います。

    友達を信じる心は美しいでしょう。お金だけは裏切らないと思っている人もいるでしょう。愛こそが絶対だと思っている人もいるかもしれません。

     てんで性悪キューピッド 1 (集英社文庫―コミック版)

     著者:冨樫義博


    この作品はラブコメディに分類されるのですが、私の知っているものとは違っています。
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:1  Trackback:1
    2012
    05.28

    鳥人計画

    Category: オススメの本
    目に見えるものだけが、全てではありません。
    経験も知識も功績も、目に見えないものです。

    そういうものは、一体なによりも大切なのでしょうか?

    鳥人計画 (角川文庫)鳥人計画 (角川文庫)
    (2003/08)
    東野 圭吾

    商品詳細を見る

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    05.27

    「すき。だからすき」 

    好きなもの。というのはたくさん種類があります。
    食べもの。趣味。場所。友人。恋人。あげたらキリがありません。

    人によっては、苦手なものの方が多いかもしれません。
    だから好きなものがたくさんある人ほど、幸せなんだと思います。
    すき。だからすき (第1巻) (あすかコミックス)すき。だからすき (第1巻) (あすかコミックス)
    (1999/06)
    CLAMP

    商品詳細を見る
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    05.25

    ウエハースの椅子 

    Category: オススメの本   Tags:再読タグ
    子どもの頃、学校で何度も「将来は何になりたい?」と聞かれ、答える必要がありました。

    とくに何にもなりたくありません。と正直に答えてもよかったのかもしれませんが、私はそうしませんでした。
    いつも、その場で適当に取り繕い、話題をすり替えて、誤魔化していました。

    将来どうしたいのか。
    一応は考えていましたが、まとまった考えではありません。


     ウエハースの椅子 (新潮文庫)

     著者:江國香織




    この本は次のように始まります。

    かつて、私は子どもで、子どもというものがおそらくそうであるように、絶望していた。絶望は永遠の状態として、ただそこにあった。そもそもはじめから。
    だから今でも私は親しい。
    やあ。
    そうはときどき言って、旧友を訪ねるみたいに私に会いに来る。やあ、ただいま。

    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    05.24

    野村ノート 

    Category: オススメの本
    スポーツは良いものです。
    やるのも楽しいですし、そのために練習するのも楽しいです。
    見ているだけでも楽しいですし、分析するのはもっと楽しいと思います。

    特に私は球技が好きです。
    バスケ、サッカー、ラグビー、ホッケー、スヌーカー、テニス。

    陸上競技のような肉体の限界に挑戦するものよりも、球技のほうが血がたぎります。
    それはきっと、何かを追いかけて走り、技術を競い、勝負することに興奮するからでしょう。



    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    05.23

    今日もオカリナを吹く予定はない 

    私は、笑顔になるために本を読むのが好きです。
    ファンタジーに身を投じて、悩みや疲れを全て忘れて、キャラクターたちと楽しい時間を過ごす。それが一番好きです。

    どんなに悲しい出来事があったとしても、本を読んでいるあいだだけは笑っていられる。こんな娯楽は他にはありません。

     今日もオカリナを吹く予定はない (ガガガ文庫)

     著者:原田源五郎
     イラスト:x6suke(ぺけろくすけ)



    この物語は、主人公の男子高校生が同級生のブルマ見たさに、体力測定で本気を出すところから始まります。その活躍を見たクラスメイトが主人公の才能に気付き、オカリナ部に誘う。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    05.22

    話を聞かない男、地図が読めない女 

    Category: オススメの本
    男女のあいだには、大きな隔たりがあると感じる時があります。
    まるで男と女が別々の種であるかのように感じたり、時には宇宙人と話しているような気分になったりします。

    同じ人間なのに、どうしてこんなことを感じてしまうのでしょうか?



    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    2012
    05.19

    彼氏彼女の事情 

    人には必ず秘密があります。
    小さな秘密。他人に知られても良い秘密。墓まで持っていく秘密。
    秘密にはさまざまな種類があるように思います。


     彼氏彼女の事情 全21巻完結セット (花とゆめCOMICS)

     著者:津田 雅美


    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2012
    05.18

    こころ 

    Category: オススメの本
    本を読むということは、人の心を読むということです。
    その人がどう考え、どう思い、どう動くのか。

    人の心の中が知りたいか? と聞かれて、なんと答えるでしょうか。
    知りたい?
    知りたくない?


    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:1
    back-to-top