2017
    12.26

    ゴースト・イン・ザ・シェル(2017)

    北野たけしさんが出演されていましたね。

    洋画ですが、普通に日本語で話をされていましたね。
    電脳化しているのが当たり前の世の中で、リアルタイム通訳アプリが機能しまくっているんだろうなーという感じがして、とても良かったと思います。
    さらにいえば、トグサを演じられた方が中国語を話しても良かったと思いますね。

    でも、みんなが異国の言葉で話してしまうと、変な感じになってしまうかもしれません。

    たけしさんは特別だから。
    っていう感じが良かったかもしれません。

    原作:士郎正宗 『攻殻機動隊』

    ≪あらすじ≫
    事故に会い、体を失ったミラは、人類史上初めて「全身義体」となった。

    美しい姿に、しなやかな動き、強靭なパワーを兼ね備えたミラは「公安9課」という部署に所属していた。
    ミラは、サイバー犯罪やテロ行為に対して、独断ともとれる判断力と行動力で、事件に突っ込んでいく。
    その背景には、ミラの記憶にかかった霞があった。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2016
    11.10

    トイ・ストーリー3

    サニーサイド保育園に寄付されたあと、アンディの家に帰ろうとする『ウッディ』と、「他のオモチャたち」のやりとりが泣けました。

    『家に帰らなきゃ!』
    「ここで新しい暮らしができるんだよ。また子どもたちを喜ばすことができるんだ!」
    「ここに残れよ」
    「そうだよ。みんな一緒に!」
    「いいだろウッディ!」
    「子どもたちと遊ぼうぜ!」
    『ダメだ。みんなダメだって。ダメだ!! 新しい子なんていらない。キミたちだってそうさ。アンディが俺たちを屋根裏とか大学へ連れていきたいんなら。そこにいるのが仕事だろ。俺は家へ帰る。一緒に行きたい奴は歓迎するぜ。行こうバズ…………バズ?』
    「アンディのための任務は終わった。今大切なのはみんな一緒にいることだ」
    『おい、アンディがいなかったら俺たちは一緒にいなかったんだぞ。足の裏を見ろ。バズ。ジェシーもだ。誰の名前が書いてある?』
    「アンディはきっと……僕たちのことなんかもう忘れてる」
    『忘れてなんかいないさ。大事に思ってる! 俺は屋根裏にしまおうとしたのを見たんだ! そのアンディを見捨てる気か!』
    「ウッディ!! 目を覚まして! もう終わったの! アンディは大人になったんだ!」


    子どもが大人になることを描いた作品は多くありますが、こんな残酷な方法をとった作品は少ないと思います。


     トイ・ストーリー3 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

     出演(声):ウッディ(唐沢寿明)
     バズ(所ジョージ)


    ≪あらすじ≫
    オモチャのウッディたちは、選択を迫られていた。

    持ち主アンディは、大学へ行く。
    もう何年も遊んでもらっていない。

    ウッディたちは、捨てられるか、屋根裏部屋にしまわれるか。

    すでに多くの仲間は捨てられてしまった。
    もしかしたら全員捨てられるかかもしれない。
    でも屋根裏部屋に行ければ、いつか生まれるアンディの子どもと遊べるかもしれない。

    しかしアンディは、オモチャたちをゴミ袋に入れた。

    オモチャたちはゴミ袋から脱出し、避難した。
    避難先は、サニーサイド保育園へ寄付するダンボール箱だ。
    オモチャたちは、たくさんの子どもが待つ保育園を楽しみにしていた。

    しかしウッディは違った。
    ウッディは、アンディが大切なオモチャを屋根裏部屋に片付けようとしたんだと信じていた。

    ウッディは、サニーサイド保育園から抜け出し、アンディの家に帰ろうとした。
    しかし他のオモチャは、サニーサイド保育園を気に入っていた。自分たちを捨てたアンディを信じきれなかった。

    「これで終わりか? ずっと一緒にやってきたってのに」続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    12.25

    ユー・ガット・メール

    すごく面白かったので、あらすじを二本書いてみました。
    こういう作品は、何度見ても飽きませんね。



    ◆キャスリーン視点
    キャスリーン・ケリーは、フランクと同棲していた。
    最高の相手だと思っていたが、ひとつ隠し事をしていた。

    インターネットで知り合った相手。
    名前も顔も知らない同士。
    メールだけでやりとりする相手。

    キャスリーンは、彼に夢中だった。
    「もう街のざわめきも耳に入らなくなってしまう。聞こえるのは自分の、心臓の音だけ」
    NY152を名乗る彼が、キャサリーンの心の恋人だった。

    キャスリーンは、老舗の書店を経営していた。
    母から受け継いだ大切な店だ。
    しかし、それを脅かす大型チェーン店<フォックス・ブックス>が進出してきた。15万冊もの本を並べ、安価で売り、店内には広い休憩スペースとカプチーノ。どこも魅力的な店だ。

    街は、フォックス・ブックスを歓迎した。
    そしてキャスリーンの店は、閑古鳥が鳴いていた。

    NY152は、キャスリーンに会いたいと言ってくれたが、キャスリーンは断った。

    そんなとき、キャスリーンの店に、ジョーという客が来た。
    ジョーは、キャスリーンの店を褒めてくれた。
    またジョーは、詩的で、子どもと仲良しで、本に詳しかった。

    しかしジョーは、フォックス・ブックスを経営しているジョー・フォックスだった。
    正体を明かしたあと、ジョーは最低だった。
    毒舌で、皮肉屋で、高慢ちきだ。

    キャスリーンとジョーは、お互いを避けて暮らすようになる。街で見かけると、急いで身を隠す。
    しかしキャスリーンが困っているとき、ジョーは助けてくれた。
    それがまた憎らしい。

    キャスリーンは、NY152のアドバイスをもらい、フォックス・ブックスとの全面戦争を開始した。そしてメディアを巻き込んで、宣伝をした。
    おかげで店は大繁盛。
    しかし、すぐに静かになってしまった。

    キャスリーンは、いつも優しい言葉をかけてくれるNY152と、カフェで待ち合わせをする。
    しかし、NY152は来てくれなかった。
    代わりにジョーが来て「すっぽかされた?」とバカにされた。最低の日だ。
    キャスリーンは、ジョーに酷いことを言って追い払った。この時だけは、ジョーは言い返さなかった。

    キャスリーンは、店を閉める決意を固めた。

    キャスリーンは、フランクから別れを告げられた。そのおかげで、キャスリーンは自分がもうフランクを愛していなかったとわかった。
    キャスリーンは、NY152という夢を胸に抱いていた。

    ある日、風邪で寝込んでいるキャスリーンの家に、ジョーが見舞いに来た。
    「君と友達になりたい。無理だろうけど」
    ジョーは、キャスリーンが大好きなデイジーの花束を持っていた。
    そしてジョーは、NY152と同じ言葉を使った。

    それからキャスリーンとジョーは友達になった。
    キャスリーンとジョーは、互いに避けるのを止めて、話をするようになる。好きなものの話をして、嫌いなことの話ができる仲になった。

    ある日、ジョーは告白してきた。
    もし、僕らの間に書店がなかったら、僕は電話番号を聞いてた。そして食事や映画に誘って、言ったと思う。「一生いっしょに暮らさないか?」って。
    それはとても嬉しい告白だったが、キャスリーンは断った。

    そしてキャスリーンは、NY152と待ち合わせをする。
    そこにやってきたのは、ジョーだった。

    ジョーこそが、NY152だった。
    キャスリーンは涙をこらえきれなかった。

    「あなたで良かった」


    ◆ジョー視点
    ジョー・フォックスには、怒りっぽい彼女パトリシアがいた。
    パトリシアは、出版社で働いていて、本の業界に詳しい。
    大型チェーンの書店<フォックス・ブックス>を経営するジョーとは、話が合う相手だ。

    でもジョーは、ショップガールというメール友達に夢中だった。職業も住所も知らないが、ショップガールのことで、仕事中もうわの空だ。

    ニューヨークのウエストサイドに新しい店を出すというのに、ジョーはショップガールからのメールを思い出して笑みを浮かべる。
    「もう街のざわめきも耳に入らなくなってしまう。聞こえるのは自分の、心臓の音だけ」
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    11.26

    ファイトクラブ

    多くの人間は、物質に囚われている。
    という話を、タイラーはしていました。

    「職業が何だ。財産が何の評価に?
    車も関係ない。人は財布の中身でも、ファッションでもない。
    お前らは、この世のクズだ」


    中学生が好きそうなストーリーに、R15指定の暴力シーンとセックスシーン。そして哲学。

    この絶妙なバランスが、私の心を動かしました。


     ブラット・ピットとエドワード・ノートンが主演している作品というだけで、見る価値があると思います。

    ≪あらすじ≫
    「人は、愛する相手を傷つけ、傷つける相手を愛する」

    僕は、半年前から不眠症に悩んでいた。
    そしてグループセラピーに通い詰めた。

    周りの人が泣けば、僕も泣けた。
    そんな夜は、ぐっすり眠れた。

    それをマーラ・シンガーが叩き壊した。
    マーラは、僕と同じようにグループセラピーに通い詰めていた。しかし、どこも悪くない。
    サングラスをしたまま脚を組み、タバコを吸って、女なのに睾丸ガンのセラピーに参加している。

    彼女は、僕と同じ「見物人」だった。

    僕はマーラと電話番号を交換した。

    仕事の出張中、僕はタイラー・ダーデンに出会った。
    タイラーは突然「俺を殴れ」と言い出す男だった。
    そして殴ると殴り返してくる。

    それが全ての始まりだった。

    殴り合いを楽しむ会<ファイトクラブ>の参加者は増え、それが全てのストレスを発散させた。

    聞こえるのは叫び声と、弾けるパンチの音。
    殴り合うことで体は鍛えられ、生きている実感が得られた。

    僕は、タイラーと同棲を始める。
    昼は仕事、夜はファイトクラブ。
    しかしタイラーは、マーラとセックス三昧だった。
    僕の不眠症は進んだ。

    タイラーは、ファイトクラブに新たなルールを加えた。
    「他人にケンカをふっかけろ。そして負けろ」続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    11.18

    ロック・オブ・エイジス

    トム・クルーズは、オペラ歌手を何人も排出している家系の出身だそうです。

    てっきりトム・クルーズは歌っていないんだと思っていましたが、本作は全ての役者が、本当に自身の声で歌っているそうです。

    キャサリン・ゼタ=ジョーンズも、ジュリアン・ハフも、ラッセル・ブランドも、アレック・ボールドウィンも、メアリー・J. ブライジも、自信の声で歌われているそうです。


    ロック・オブ・エイジズ オリジナル・サウンドトラック

     サントラ買っちゃったのは内緒です。
     DVDも買う予定。


    ≪あらすじ≫
    1987年。
    シェリーは、歌手になる夢と、大量のレコードを持って、オクラホマから、ハリウッドに出てきた。

    来てすぐレコードはカバンごと盗まれてしまったけど、盗人からレコードを取り返そうとしてくれたドリューと知り合えた。

    ドリューは、かの有名な「バーボンハウス」で働いているアーティストだった。

    シェリーは、ドリューの紹介で、バーボンハウスで働かせてもらう。
    最初の仕事は、アーセナルの解散ライブだ。

    ステイシー・ジャックスがソロに転向する記念ライブ。
    忙しくならないはずがない。

    しかし、それを邪魔する動きがあった。
    市長の妻が、ロックンロールは悪だと罵り、ロックンロール排斥運動を始める。

    そんなことはお構いなく、ドリューとシェリーは恋に落ちていた。
    最高の夜景が見える高台で、二人で歌う。
    それは至高の時間だった。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    06.06

    ハリー・ポッターと賢者の石

    吹き替え版を見ました。
    ……やっぱハーマイオニーだわさ。

    あの鼻持ちならない話し方がたまりませんね!

    さらに、あの冷たい眼差し!
    愚行を目の当たりにしたときの軽蔑する感じ!
    スリザリンが優勝したと聞いたときの不満そうな顔!
    偉そうな態度と、悪い笑い方!

    あーもうマジで可愛いね!


     ハリー・ポッターと賢者の石 特別版 [DVD]



    ≪あらすじ≫
    ハリー・ポッターは、まだ赤ん坊のうちに両親を失った。
    それは、名前を言ってはいけない魔法使いの仕業だった。

    ハリーは、額に傷を負っていた。
    しかし、その程度の傷で済んだのは、奇跡だった。

    両親を失ったハリーは、ダーズリーという親戚の家で育てられた。
    それは、ある学校の校長が決めたことだった。
    そしてハリーが11歳になったとき、その学校から、入学許可証が届いたを

    ハリーは、何かの間違いかと思った。
    しかし、その学校<ホグワーツ>は確かに存在していた。
    そしてホグワーツは、世界最高峰の魔術魔法学校であり、現在は歴代最高の校長とうたわれるダンブルドアが仕切っていた。

    ハリーは、魔法使いの子供だった。

    ハグリッドという大男が、ハリーを迎えに来た。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    05.23

    シンデレラ

    久々に映画館で号泣しました。
    嗚咽を漏らすほど泣いたのは久しぶりですね。

    というか歯を食いしばって泣いたあと、映画が終って立ち上がったら、周囲は女の子ばっかり・・・

    でも恥を忍んで観に行ってよかったと思えるような名作でした。

    やっぱり私は、王道が大好きです!


     シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD)

    ≪あらすじ≫
    エラは、優しい両親に愛され、幸せに暮らしていた。
    妖精の存在を心から信じているくらい純真で無垢な女の子だった。

    しかし幼い頃に、母親が他界した。
    それでもエラは、仕事で家を空けがちの父親と共に、幸せに暮らしていた。

    「優しさと勇気」
    これを持ち続けることが、亡き母との約束だった。

    そして父も、その約束を守り続けていた。
    だからこそ、旦那を失って可哀想な女性と、その娘二人を迎え入れる決意をする。

    しかしエラの継母となった女性と、その娘二人は、エラに冷たく接した。
    その後、仕事の途中で父親が他界する。

    継母は、倹約の為に使用人を解雇した。
    そしてエラが代役を任される。

    エラは、ツラい日々を強いられたが、優しさと勇気を失わないように努めた。
    しかし時に耐えられず、逃げ出したこともあった。
    そこで偶然にも、素敵な男性に出会う。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2015
    03.07

    ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

    最初から見たわけじゃない映画です。
    129分あるうち、私は100分くらいしか見ていません。
    そして、後半40分は泣いていました。

    声をあげて泣くわけでもなく、
    胸が苦しくなったわけでもなく、
    まばたきをするたびに、目から涙が零れ堕ちました。

    ずっとずっと、泣いてしまいました。
    これを書いている今も、、、


     ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]

     監督:スティーブン・ダルドリー


    ≪あらすじ≫
    オスカーは、父親を失った。
    それは9月11日。
    オスカーは、まだ11歳だった。

    オスカーは、父親の書斎をあさっていると「青い花瓶」を発見した。
    そこには「何かの鍵」と「ブラックと書かれた封筒」があった。

    理不尽な死を遂げた父の事が、何か分かるかもしれない。
    そんな希望を胸に、オスカーは立ち上がった。

    ニューヨークに住む400名以上のブラックさんに、会いに行く。
    そして、鍵に見覚えがないか聞く。

    しかし1年以上かけても、鍵のことは分からなかった。

    ある日、オスカーは祖母の家で、間借り人に出会う。
    声が出せず、筆談のみでコミュニケーションを取る老人。

    オスカーは、間借り人と共にブラックさんめぐりをするようになる。
    そして気が付いた。

    この間借り人は、父さんと同じ仕草をしてる。
    もしかしたら僕のおじいさんかもしれない。

    オスカーがとっておいた「最後の録音」をおじいさんに聞かせた。
    父親が遺してくれた最後の留守電だ。

    それを聞いた後、おじいさんは姿をくらました。
    おじいさんは、こんなメモを残した。

    「キミを救おうとしたんだ。なのに傷つけてしまった」
    続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:2  Trackback:0
    2015
    02.18

    フィフスエレメント

    ずいぶん昔の映画ですが、全く古いとは感じませんでした。
    かれこれ8回くらい見てる気もしますが、面白い!


     フィフス・エレメント [DVD]

     主演:ブルース・ウィリス


    ≪あらすじ≫
    2263年3月。
    人類は、有史以来の危機に瀕していた。
    直径2000キロを超える火の玉が、2000億人の命に迫っている。

    大統領は、力で解決しようとしたが、無駄だった。
    代わりに立ち向かったのは、コーネリアス神父だ。

    しかし頼りにしていたモンドシャワン人は、襲撃されて死んでしまう。
    生き残りは小さな細胞だけ。

    そこから人体を再現すると、至高の存在が現れた。
    そして至高の存在は、元戦闘機乗りのダラスを頼った。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2014
    10.12

    るろうに剣心

    剣心がイカす!!
    「一度も己の手を汚した経験がない者の、甘っちょろい戯言でござる。剣は凶器。剣術は殺人術。どんな綺麗事やお題目を口にしても、それが真実。けれども拙者は、そんな真実よりも、薫殿の言う、甘っちょろい戯言の方が好きでござるよ」

    ・・・私、泣いたんだけど?
    ガッツリと胸に響いたんだけど?
    惚れたんだけど?

    やっぱりさ。
    人生とか世の中ってさ、大変だけどさ。でも、捨てちゃいけない事ってあると思うわけさ。
    スクライドで桐生水守さんがさ。
    「人の思想は、そうかもしれない。でも人としての理想は違うはずよ」
    って言ったさ。

    剣心はさ。
    殺し合いの最中でも、道場に入る前に草履を脱いださ。
    そして一礼してから道場に入ったわけよ。

    この精神に感動しねえわけがねぇ!!
    これが剣心だ!
    甘ちゃんだけど最高だ!
    これを描いただけで、本作の実写化は成功したと言えると思います!
    いや、もう邦画界に名を残す名作かもしんねぇわ!


     るろうに剣心 DVDスペシャルプライス版




    ≪あらすじ≫
    時は幕末。
    西洋化が進み、刀と仁義でなく、金と法が支配する時代が来る。

    しかし未だ、緋村抜刀斎と呼ばれ、恐れられている剣客がいた。
    見た目は若く、まだ少年のように見えるが、どの戦場でも返り血しか浴びない剣客だった。
    緋村抜刀斎の後ろには、屍の山しかない。

    そんな緋村抜刀斎の名を騙り、人を殺している者がいた。
    その偽物抜刀斎は、神谷活心流を名乗っている。
    しかし神谷活心流は、人斬りをする流派ではない。

    神谷活心流の汚名をそそぐ為に、神谷薫という娘は廃刀令を無視している剣客たちに、片っ端からケンカをふっかけていた。
    そんな神谷薫が、偽物抜刀斎を引き当ててしまう。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    back-to-top