2017
    10.20

    1日ひとつだけ、強くなる。世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀

    Category: オススメの本
    プロ・ゲーマーになってから5年。
    最初に本を出してから3年

    ゲームやプロ・ゲーマーについて、以前より受け入れてもらい始めた中で、始めてゲームについて深く突っ込んだ本を出したそうです。

    ゲームを通じて、より深くウメハラさんの哲学に触れられる本ですね。

     1日ひとつだけ、強くなる。世界一プロ・ゲーマーの勝ち続ける64の流儀

    ≪あらすじ≫
    新作格闘ゲームが出たとき、今までの経験値はリセットされる。
    同じ格闘ゲームでも、新作はルールや勝負のポイントが違う。
    同じスポーツでも、サッカーとラグビーは違うのと同じだ。

    新作ゲームの攻略の中で、抑えるべきポイントの見極めが重要になる。
    ストリートファイターZERO3では「対空」から「ガードクラッシュ」の後「オリジナルコンボ」へとポイントが変わっていった。
    それにより、全てのプレイヤーのプレイスタイルが変化し、使用キャラクターや戦術も変化する。
    これは生物の進化、淘汰に似ている。

    そしてインターネットの普及により数十倍以上の速さで、その変化が起きるようになった。

    9割のプレイヤーが、場面ごとの最適解を求めるが、僕は対戦全体を見る。
    全体を見ていれば、押さえるべきところがわかる。

    そして、うまくいっているあいだにより良く修正するのが大事だ。失敗してからでは遅い。そういう視点を持ち、積み重ねてきた経験は、インターネットの世界にもコピーされない。

    広い視点を持ち、その場の勝利だけにこだわらない戦い方を、負けても貫き通すことで、プレイヤーの強さが磨かれる。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2017
    09.23

    勝負論 ウメハラの流儀

    Category: オススメの本
    勝ち続けるとは、どういうことか?
    負けるが勝ちという言葉もあり、強者よりも努力したものが賞賛されやすい風潮の中で、勝ち続ける勝負論とは?



    <おおまかな内容>
    日本人として初めてプロのゲーマーになった男。
    そして「世界一長く賞金を稼いでいるプロゲーマー」
    それはつまり、梅原大吾がゲームで勝ち続けていることの結果だ。

    スーパーマリオブラザーズに初めて触れ、放課後はゲーム一色。
    友人たちがサッカーや野球に移ろいでいっても、ゲームに夢中だった。
    しかしゲームには、Jリーグやプロ野球のような到達点がない。
    野球選手は、わざわざ野球の面白さをゼロから説明しなくてもいいのに、ゲーマーはゲームの面白さをゼロから説明しなければいけない。
    しかし前回の著書で、ゲーマー以外の方からも好評を得られ、また他種目の方との対談するなどの機会に恵まれ、成長の機会が得られた。


    勝ち続けるということは、成長し続けるということ。


    例えばRPGのキャラクターなら、レベルが上がるごとに能力が高まり、装備品も豪華になっていくように、成長が簡略化されている。
    しかし現実では、本人の努力の量が減れば、容赦なく、お腹はブヨブヨになってしまう。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2017
    08.26

    モダンタイムス

    モダンタイムスを見てきました。

    チャールズ・チャップリンの映画を見るのは、2作目。
    「街の灯」よりもメッセージ性の強い作品に思えました。

    http://amzn.to/2spPvIs

    ≪あらすじ≫
    チャーリーは、機械化された工場で働いていた。
    流れて来るボルトを順番に締める仕事だ。
    休憩時間もほとんどなく、食事すら自動化させて、労働を強いられそうになる。
    また仕事をしていないあいだも、何かを締めなければならないような気持ちになってしまう。

    ある日、チャーリーは、たまたま出会った女性が盗みを働く現場に遭遇する。そして、ついその女性を助けてしまい、罪に問われてしまった。。。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2017
    08.07

    ムーンパレス

    独白スタイルの本を読んだのは、すっごい久しぶりでした。
    たぶんグレートギャッツビー以来ですね。

    そして、こいつは「とんでもねぇ本」です。
    とにかく淡々と、激情も哀願もなく、人生が語られています。
    こんなに読者と温度差のある本は初めてだーよー!!

    しかし心地良い文章でした。
    私が今まで読んだ本の中に、ムーンパレスに近い作品はないと思います。

    なぜか「良い経験をした」と思えるような本でした。


     ムーン・パレス (新潮文庫)



    ≪あらすじ≫
    僕<マーコ・フォッグ>は、コロンビア大学へ通い、1000冊以上の本を抱えて暮らしていた。しかし、ずっと読まずに過ごしていた。
    それらはビクター叔父さんの本だった。そしてビクター叔父さんは唐突に亡くなった。
    1967年の事だった。

    すでに母であるエミリーを失っていた僕には、もう血縁者は残されていなかった。
    父親など、初めからいなかったから。

    僕は、ビクター叔父さんが遺してくれた本を片っ端から読んだ。
    そして読んだ本から売り飛ばしていった。
    この頃の僕は、ひどく金に困っていた。
    僕は、絶えず空腹を感じ、食べ物の夢を見た。

    そんな頃、キティに出会った。
    その出会いは、少なくとも良い出会いとは言えなかったと思う。しかし、そのおかげでキティは、僕のアパートまで来てくれた。
    「あなたの身が危ないと思ったから、そして他人をあんなに気の毒に思ったのははじめてだったから」
    そして実際に、僕は命を救われた。

    やがて僕は、車椅子生活を送る老人の家に住込み、働くようになる。
    その老人は、トマス・エフィングという名で、86才には見えぬほど老いぼれていた。そして盲目だった。

    しかし時に、盲目ではないかもしれないと思わせた。
    毎日、変わった眼鏡をかけたり、布を巻いたり、そういう風にして僕をからかうのが好きな人らしい。
    そして、それは嫌がらせの域にまで達していた。

    トマスは、怪物であり、と同時に善人としての尊敬しても良いと思える人物としての要素も備えていた。それ故、彼を徹底的に恨む事は不可能だった。

    ある時、僕が大昔に母を失くした話をすると、トマスも大切な友人を失った話をしてくれた。
    そしてトマスは、自分の死亡記事を書くと言い出した。
    トマスは、自分という物語を話し、僕に記録させた。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2017
    08.07

    上司のルール the rules of management

    Category: オススメの本
    部下が一人でもできたら読む本。
    とか書いてありました。

    ……私には部下いないけどね。

    読んでいて思ったのは「上司のルール」というより「人から信用されるために必要な意識・方法」かなって印象です。

    ≪あらすじ≫
    上司は、部下全員に対して責任がある。
    しかし望んで上司になる人などいない。
    望むような部下がつくはずもない。

    彼らをケアしつつ、そのうえ自分の仕事もこなさなくてはならない。
    立場上、いろいろな相手と戦う必要も出てくる。

    そして、あなた自身が部下の手本とならなければならない。

    本書は、以下の2パートで構成される。
    1.部下を育てる。
    2.上司力を磨く。

    (本書には100を超えるルールが載っていますが、その中から私が気になったルールの抜粋です)

    ★ルール1「仕事の意味」続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:1  Trackback:0
    2017
    08.07

    劇場版デジモンアドベンチャー

    話す代わりに、笛をピューピューと吹くヒカリちゃんが、信じられないくらい可愛かったです。
    そして太一が頼もしい!

    短くて素晴らしい映画でした。


     デジモンアドベンチャー【劇場版】 [VHS]



    ≪あらすじ≫
    それは数年前のことだった。
    僕が、初めてデジタルモンスターに出会ったのは……


    ある夜、パソコンから卵が出てきた。
    それを、まだ幼い太一と、もっと幼いヒカリが発見した。
    二人は兄妹だった。

    卵は、自然に孵化し、中から黒い生き物が出てきた。
    それは臆病で、柔らかくて、食欲旺盛だった。
    そして、気がついたら姿が変わっていた。
    さらにウンコもした。

    ピンクの姿になった生き物は、言葉を話した。
    もうやら、彼はコロモンというらしい。
    太一とヒカリとコロモンは、友達になった。

    その夜、コロモンは、さらに姿を変えた。
    太一が見上げるほどの黄色い恐竜。
    そして恐竜は、言葉を話さなくなった。

    恐竜は、ヒカリを連れたままで、何かを探すように夜の屋外を歩いた。
    そして口から火を吐き、車や飛行機を威嚇した。

    そこに、巨大なオウムのような怪獣が現れた。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    2017
    08.07

    ゴースト・イン・ザ・シェル(2017)

    北野たけしさんが出演されていましたね。

    洋画ですが、普通に日本語で話をされていましたね。
    電脳化しているのが当たり前の世の中で、リアルタイム通訳アプリが機能しまくっているんだろうなーという感じがして、とても良かったと思います。
    さらにいえば、トグサを演じられた方が中国語を話しても良かったと思いますね。

    でも、みんなが異国の言葉で話してしまうと、変な感じになってしまうかもしれません。

    たけしさんは特別だから。
    っていう感じが良かったかもしれません。

    原作:士郎正宗 『攻殻機動隊』

    ≪あらすじ≫
    事故に会い、体を失ったミラは、人類史上初めて「全身義体」となった。

    美しい姿に、しなやかな動き、強靭なパワーを兼ね備えたミラは「公安9課」という部署に所属していた。
    ミラは、サイバー犯罪やテロ行為に対して、独断ともとれる判断力と行動力で、事件に突っ込んでいく。
    その背景には、ミラの記憶にかかった霞があった。続きを読む
    ブログランキング・にほんブログ村へ Comment:0  Trackback:0
    back-to-top